お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

恥ずかしい言葉も!? LINEでイチャイチャする方法3選

実際に会って会話をするように、リアルタイムなテンポのいいやりとりができる「LINE」。こういう特徴があるからこそ、忙しくてなかなか会うことができないカップルたちが、愛を確かめ合うツールにもなります。そんなLINEでイチャイチャする方法を女性たちに教えてもらいました。

<LINEでイチャイチャする方法>

■恥ずかしい言葉はスタンプで!

・「口では言えないような甘々なスタンプを送り合う」(27歳/情報・IT/事務系専門職)

・「イチャイチャスタンプだけをやりとりする」(29歳/医薬品・化粧品/秘書・アシスタント職)

・「かわいいスタンプを使いつつ、好き好き攻撃をする」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「かわいいスタンプを送り合うことです」(24歳/金融・証券/営業職)

スタンプを使えば、ちょっと恥ずかしい愛の言葉もすんなり伝えることができます。自分に似たキャラクターのものを選ぶと、より効果的でしょうね。

■自分の言葉で

・「あまり長々と打たない。すぐに返事をする」(28歳/ソフトウェア/技術職)

・「細かく連絡を取り合う」(31歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

・「甘い言葉をいくつも送る」(26歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「早く会いたいよ~ぼくもだよ~みたいな」(27歳/生保・損保/事務系専門職)

スタンプももちろんいいですが、やっぱり自分の言葉で! という場合もありますよね。真摯な思いを伝えたいときは、スタンプよりもそこはやっぱり自分の言葉を伝えましょう。

■2人の秘密

・「あったできごとで笑い合う。当時の状況を送る」(29歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

・「2人にしかわからないネタで盛りあがること」(29歳/機械・精密機器/技術職)

・「絵文字連発、2人しかわからない隠語を使う」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

・「ハートマークや、イチャイチャ語を使う」(30歳/ソフトウェア/その他)

人には言えないようなこと、ほかの人にはわからないようなことを話す、というのも、一種の愛情表現ですよね。2人の仲が親密であるということを、お互いが再確認できそうです。

<まとめ>

会いたいけれど、なかなか会えないときは、LINEを使って彼とやり取りをすると、その寂しさが少しやわらぐかもしれません。愛を確かめ合いたいときに、我慢は禁物。無駄な不満をためないように、彼とイチャイチャしたくなったら、まずはLINEで連絡してみましょう!

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年8月16日~2016年8月22日
調査人数:104人(22~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]