お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 ビューティ全般

こ、こんな姿見ちゃダメ! 自分で「オンナ失格」と思う瞬間4つ

ファナティック

キレイな自分を演出するためには、自分磨きをすることも必要ですが、キレイでいようと意識を保つことが大事ですよね。普段から気の抜けた生活をしていると、心も体もキレイになるのが遠のいてしまうかも。そこで今回は働く女性のみなさんに、「私、オンナ失格だなぁ」と思う瞬間について、こっそり教えてもらいました。

 

■スッピンでも平気

・「スッピンで出かける」(24歳/建設・土木/技術職)

・「スッピンで堂々と出かける」(31歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

・「どスッピンで出かける」(28歳/運輸・倉庫/その他)

どこに行くにもスッピンで堂々と出かけられるようになるのは、女性としての意識が低くなっているのかも。いつどんなときに出会いが待っているかわからないので、常にキレイにしておくことは頭に入れておきたいですよね。

■メイクを落とさない

・「メイクしたまま寝る」(29歳/小売店/販売職・サービス系)

・「化粧を落とさずに寝る。翌日に影響があるほどの大酒をする」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「化粧を落とさず寝る」(31歳/金融・証券/その他)

仕事が忙しすぎて遅く帰ってくると、つい面倒に感じてメイクを落とさずそのまま寝てしまうことがあるもの。肌のために、メイクだけは絶対に落とすようにしたいですよね。

■髪がボサボサ

・「髪の毛をセットする時間がなかったら、ゴムでくくってごまかしてしまうこと」(31歳/その他/その他)

・「髪型が決まってない」(33歳/医療・福祉/専門職)

・「髪がボサボサ。ちゃんとくしを通したのかと思うほどの毛の暴れよう」(30歳/その他/その他)

意外と印象を左右する髪型。いつ好きな人に会ってもいいように、毎日手を抜かず髪をセットするのがいいのかもしれません。

■好きなだけ食べている

・「夜に爆食いしたとき」(22歳/金融・証券/販売職・サービス系)

・「太るとわかっているのに夜食を食べてしまう」(27歳/その他/事務系専門職)

・「食べたいだけ食べているとき」(24歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

キレイでいるためには、規則正しい生活が必要になってくるもの。自分の好きなときに好きなだけ思いっきり食べていると、体重が増えたり、肌が荒れてしまうのは当然かもしれませんね。

■まとめ

何をするにも「がんばるのは明日から!」という気持ちでいると、いつまでたってもキレイになることは難しいです。つらくてもまずは自分を甘やかさないことが、美意識を高めるきっかけになるかもしれません。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年8月19日~21日
調査人数:104人(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]

おすすめコンテンツ