お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
コラム 恋愛全般

浮気性は直るもの? 浮気防止の鍵は「女磨き」にあった!

今も昔も、パートナー間のケンカの一番の原因は何といっても浮気でしょう。
「最近彼が冷たい気がする。もしかして浮気されているのかも…」という場合もありますし、「友達と遊びに行っただけなのに、何で浮気なの!?」「どう考えても浮気でしょう! 私がいるのに、女友達と遊びにいくなんて信じられない!」など、価値観の違いが発端になることも珍しくありません。
もちろん、浮気するのは男性だけに限りませんし、浮気をするのは女性のほうが多いという説もあります。

浮気という行動の裏には、ほとんどの場合「気持ちが離れた」だけでは済まされない、さまざまな原因が潜んでいます。 男女の浮気に対する見方の違いと、効果的な男性の浮気防止法を紹介していきます。

 

誰にでも浮気願望はある?

「夫や彼氏がいても、魅力的な男性に出会ったときに思わず心が動いた」という経験が「ない」と言い切れる人は、少ないのではないでしょうか? 浮気に関する公的な統計データはありませんが、民間の機関や企業、インターネット上では、浮気願望の有無や実際に浮気をしたことがあるかどうかを尋ねるアンケートが、度々実施されています。
調査方式やサンプル数は調査によってバラバラですので、一概に言い切ることはできませんが、概ね男女ともに20~30%前後の人は浮気の経験があり、さらに多くの人が浮気をしたいと思っているという結果が出ることが多いようです。
浮気の理由としては、男女によって次のような違いがあります。

女性の浮気の多くは「寂しさ」が理由

女性の場合、現状への不満や寂しさから今とは違う環境を求める中で、彼氏(夫)にはない魅力を持った心を許せる人と出会ったことが、浮気のきっかけとなるパターンが多くなっています。 最初は別に浮気をするつもりはなかったのに、結果として浮気になっていた、という場合が多いのも特徴です。本命がいての遊び感覚ではなく、本気で新しい彼氏のもとに行く場合も珍しくありません。

<女性に多い浮気のきっかけ>

・彼氏(夫)が女性として見てくれない
特に、子供のいる既婚者の女性に多いのがこのパターンです。 家庭内で完全に「母」として扱われ、「夫が女性として見てくれない」「昔のように大事にしてくれない」「いっしょにいる時間を大切にしてくれない」「服や髪型を変えても何の反応もない」などの不満が溜まり、寂しさが募っているところに、女性として扱い優しくしてくれる男性が現れると、思わずそちらに心が移ってしまうのです。

・家庭生活がうまくいっていない
「夫婦の会話がない」「セックスレス」「子育てに忙殺されて、まったく自分の時間がない」など、家庭生活の不調も、現実から離れて非日常の世界を味わいたいという願望につながります。
これも現実世界の寂しさを、非現実で埋めようという感情です。

・生活がマンネリ化している
人は基本的に、刺激を求める生き物です。平凡な毎日に不満はないけれど、ときめきも何もないという場合、ときめきをもたらしてくれる男性に目が行くことは、ある意味当然なのかもしれません。

・相談相手がいない
不満や寂しさを抱えたとき、誰かに相談できるなら、それによりストレスを発散することもできます。
相談相手がいないと自分で抱え込んでしまい、急な行動へとつながる確率も上がります。

 

男性の浮気は「遊び」が多い

一方、男性の場合、浮気は本命とは一線を画す、遊びの要素が強いのが特徴です。男性にとっての浮気は、ストレス解消の意味を持つこともあります。

<男性に多い浮気のきっかけ>

・性的欲求
「気に入った女の子がいたらゲットしたい」と思うのは、自分の種を多く残そうとする男性の本能でもあります。
浮気をしたいと思っていても行動しない男性のほうが多いのですが、ちょっとしたきっかけがあると浮気に結びつくことがあります。

・家庭・妻(彼女)への安心感
家庭やパートナーへの不満が浮気に結びつく女性に対し、男性の場合はしっかりした本命がいる安心感が浮気につながります。

・ストレスの発散
男性はストレス発散のために、家庭以外の場所を求めることもあります。 仕事や家庭でのストレスや疲労を回復するために浮気相手を求めたり、風俗に通ったりするのは珍しいことではありません。

・彼女(妻)とうまくいかない
もちろん男性でも、現在の彼女(妻)との関係に対する不満が浮気の原因となることがあります。
「彼女の依存度が高くて疲れ果てている」「自分のことを認めてくれない」「理想像を押し付けてくる」などが引き金となることが多くなっています。

男女によって違う浮気の境界線

「どこからが浮気か?」の基準が人によって違うことも、パートナーとのあいだでトラブルになる原因です。
本命の恋人がいながら、ほかの異性と付き合うのが浮気であることは、社会共通の認識といってもいいでしょう。しかし、「異性とメールやLINEをするのはどうなのか?」「彼氏がいながらほかの男性を好きになるのは?」「心は動かなくても、異性とキスをするのは?」ということになると、それぞれの考え方により浮気と呼ぶかどうかは違ってきます。
基本的には一人ひとりの主観の問題ですので、個人差はありますが、男女による大まかな違いはあります。

 

女性の浮気の判断基準は「心」

女性の場合は、体の接触より「心」を重視する傾向があります。
また、パートナーの行動については、男性が女性の同僚と2人だけで飲みに行ったり、食事に行ったりすることもNGとする人が多く、一般的に男性に比べ浮気のジャッジはきびしめです。中には、異性の友人と連絡を取っただけで浮気とする人もいます。
「気持ちが動くだけで浮気」と判断する人が多い一方、手をつないだりキスやセックスをしたりしても、「気持ちが動いていなければ浮気ではない」と判断する人もいます。

一番効く浮気防止はいい女であり続けること

 

では、このような男女の違いを踏まえて、彼に浮気されないようにするにはどうすればいいのでしょうか?地味なようですが、男性に多い浮気のきっかけを、一つひとつつぶしていくことが効果的です。具体的には次の3つを実践してみましょう。

・愛のあるセックスをする
心身の満足度の高いセックスは、何よりも2人の結び付きを強めてくれます。マンネリ化しているなら、いつもとは違う場所、シチュエーションを試してみるのもいいでしょう。
なかなかうまくいかないなと思ったら、男性のプライドに配慮しつつ、「どう感じているのか」「どうしてほしいのか」をはっきり伝えることも重要です。お互いに勘違いしていることも多いので、本音を共有することでセックスの満足度はぐっと高まります。

・すべてを見せない
「釣った魚には餌をやらない」ではないですが、男性は手に入ったと思ったら安心して、まだ手に入れてないものに興味を持つ傾向があります。 彼への感謝や愛情は伝えつつ、すべてを見せずにあえて一部を隠すことで、彼を安心させないのも浮気防止の1つの方法です。

・魅力的な女性であり続ける努力をする
「明るくて前向きな性格で料理上手。いつも自分のことを気遣い、落ち込んでいれば寄り添い、励まし、褒めてくれる。自分を信頼してくれ、余計な束縛はしない」 そんな彼女や奥さんがいれば、いくら外に魅力的な誘惑があっても、必ず帰ってこようと思うものです。彼をがんじがらめにするよりも、彼が「絶対手放したくない!」「誰にも取られたくない!」と感じるような魅力的な女性であることが、一番の浮気防止になるのです。

 

【まとめ】

人間である以上、魅力的な人に心惹かれることは誰だってあるものです。 けれど、自分自身がとても魅力的な女性であれば、彼を信じ、自分にも自信を持つことができます。浮気防止に効果的な自分磨きを、ぜひ始めてみてください。

お役立ち情報[PR]

おすすめコンテンツ