お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 不調

血がこんなに!? 初潮がくるまで知らなかったこと4つ

小学生のとき、女子だけがクラスに集められて「生理の仕組み」などを教わった人もいるのではないでしょうか。頭ではなんとなくわかっても、実際に体験するまで知らなかったこともたくさんあります。そんな「初潮がくるまで知らなかったこと」について、女性のみなさんに教えてもらいました!

<初潮がくるまで知らなかったこと>

■血の量が多いこと

・「出血の量が多いこと」(23歳/その他/その他)

・「2日目あたりが大量だということ」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

・「ものすごくたくさん血が出ること」(27歳/商社・卸/事務系専門職)

「血が出る」ということは知っていても、実際に初潮がきて量の多さにびっくりした人は多いようです。個人差があるとはいえ、経血の多さに不安を感じた人もいるのでは?

■生理痛がとても痛いこと

・「こんなにも生理痛が痛いということ」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

・「生理痛がこんなに重いとは想像してなかった」(32歳/自動車関連/技術職)

・「おなかの痛み。痛みについてほとんど知らされなかったから」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

「生理痛」という言葉は知らされても、具体的な痛みについては経験しないとわからないですよね。おなかがこんなに痛くなるなんて、初潮がくるまでは想像もできませんでした。

■1週間も続くこと

・「生理が1週間も続く」(28歳/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)

・「生理は1週間くらいあること」(33歳/不動産/専門職)

・「生理が1週間も続くこと。3日ぐらいだと思っていた」(26歳/情報・IT/事務系専門職)

生理の期間が「1週間続く」ということも、初潮がきて初めて知った人は多いようです。楽しみにしていた体育の授業やプールなどは、生理がくると見学になって、逆に恥ずかしい思いをしましたよね。

■その他いろいろ

・「妊娠できる体になるということ」(24歳/金融・証券/営業職)

・「きちんと定期的に生理がくるわけではない」(31歳/その他/秘書・アシスタント職)

・「意外と血が漏れるので、パッドを慎重につけなきゃいけないこと」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

初潮がきて「妊娠できる体になったんだ」とあらためて思った人や「定期的にくるわけではない」ということを知った、という人も。初潮がくるということは、今思えば「経血の漏れとの戦い」がはじまった合図と言えそうです。

<まとめ>

経血の量が多いことや生理痛のつらさ、期間の長さなど「初潮がくるまで知らなかったこと」にはさまざまなものがありました。初潮がきたときは、血が出てきたことのショックと、ちょっと大人になった恥ずかしさがありましたよね。あなたが「初潮がくるまで知らなかったこと」は、どんなことですか?

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年8月16日~2016年8月22日
調査人数:112人(22~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]