お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 恋愛全般

ギャップがたまらん! 男性が思う「地味なのに色っぽい女性」の特徴

ファナティック

派手でキレイ目な女性が色気を振りまいているのは、言ってみれば普通な感じ。でも、一見して地味な女性の中に「おっ!」と思わせる色気を感じると、男性たちはそこに引き寄せれることもあるようです。今回は、「地味なのに色っぽい」女性の特徴について働く男性たちに聞いてみました。

■意外とグラマー

・「普段は感じさせないのに、薄着になると出るところが出ている子」(29歳/その他/専門職)

・「服装が地味なのにボンキュッボン」(31歳/その他/営業職)

・「目立たないのに胸が大きい」(24歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

・「清楚な感じなのに、スタイルが意外とグラマー」(39歳/小売店/販売職・サービス系)

野暮ったいほど地味な洋服を着ていて普段は目立たないものの、実はかなりのメリハリボディ。脱がせてみるとうれしいビックリが隠されているタイプの女性は、地味さの中にも色気を感じさせるようです。こういうギャップなら大歓迎という男性は多そうですね。

■仕草が上品

・「言葉づかいがていねい」(25歳/その他/その他)

・「顔立ちがよく、言動そのものの品がいい」(38歳/小売店/営業職)

・「ひとつひとつの仕草に女の色っぽさというか、エロさを感じるところ」(37歳/その他/事務系専門職)

・「自分で意識していないが、女の子らしい仕草をする人」(39歳/情報・IT/技術職)

・「姿勢がいい。姿勢がいいと何をしても品がよく見え、色っぽい」(30歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

女性の色っぽさというのは内面からにじみ出てくるものとよく聞きますが、それが上品な仕草やていねいな言葉づかいからわかるという声も。短時間で身につけることができない上品な仕草には、育ちのよさと、その女性の中にあるおしとやかさも垣間見えて、それが色気に繋がるのかもしれません。

■メガネをかけている

・「メガネをかけていて清楚。静かなのに美人」(35歳/小売店/営業職)

・「メガネをかけているイメージで、もともと素材がよく見える」(25歳/商社・卸/営業職)

・「おとなしい人がメガネを外すとき」(27歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

メガネをかけた女性に清楚で知的な大人女子のイメージを持つ男性も。女性の中にはメガネがコンプレックスという人もいますが、男性は意外とウケがいいようですね。メガネをかけている姿もいいけれど、メガネを外した瞬間のいつもは見ることのできない顔にドキッとする人もいるみたいです。

■髪や肌がきれい

・「長い黒髪。神秘的な感じがする」(29歳/その他/その他)

・「ふとしたときに見える肌がきれいだったり、ちょっとした仕草が女の子っぽかったりすると、地味さとのギャップで色っぽく見える」(39歳/建設・土木/技術職)

・「色白で清潔そう。服装が落ち着いている」(30歳/金属・鉄鋼・化学/営業職)

長い黒髪に白い肌。奥ゆかしい日本女性そのものといった感じの人は、決して派手さはないものの内側に秘めた大人の女の色っぽさを持っていそうです。派手な服装で肌を露出するよりも、見えない部分を想像させるような雰囲気を持っている方が、男性からは色っぽく感じられるようですね。

■まとめ

見た目が地味だと男性の気を引くことが難しいと思いがちですが、地味ながらも印象に残るという女性は少なくなさそうです。普段がおとなしそうなイメージだけに、一度隠された色気を知ってしまうと、ほかの女性よりも魅力的に思える部分もあるのかも。色っぽさを持つことは女性らしさを持つということと同じ。外見を飾るだけでなく、仕草や言葉づかいのていねいさなど、内面的な部分でも男性の目を引くすてきな女性でいたいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年8月24日~26日
調査人数:248人(22歳~39歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]

おすすめコンテンツ