お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 仕事全般

「仕事とオレとどっちが大事なの?」と聞かれた女子の反応4選

フォルサ

まるで女性が男性に投げかけそうな質問を、まさか彼氏が自分にしてきたら……。突然やってくるその質問に対してどう感じるでしょう。普段は気づかなかった相手への感情が、試される場面かもしれません。恋人から「仕事と自分とどっちが大事なの?」と聞かれて、思う感想を聞きました。

■うわっ、めんどくさっ

・「すごくうざいので自分でもそれは聞かないようにしている」(27歳/その他/秘書・アシスタント職)

・「『くだらないことを聞くな』と、一気に気持ちが覚める。聞かれた瞬間、恋人<<<仕事になる」(34歳/その他/販売職・サービス系)

・「面倒くさいのが本音。働かなければ生きていけないし」(35歳/その他/その他)

そんなことを考える人とは思わなかった……という風な失望を感じる回答が多かったですが、「うっとうしい」「そんなこと言う相手と付き合いたくない。大いに仕事をしろと言いたい」など、辛口意見が多かったです。

■別次元の問題でしょ

・「食べ物の好みと動物の好みを比較するように、全然違う次元の質問なので、そういう頭の構造の人とは付き合えないため、即刻アウト」(33歳/生保・損保/事務系専門職)

・「比べる次元が違う、価値観が合わない人だと思う」(31歳/その他/事務系専門職)

・「比べるものではないと思うし、呆れてしまうと思う」(33歳/学校・教育関連/その他)

・「仕事と恋愛は別物なので、そう聞かれたら ちっちぇヤツだなと距離を置きたくなります。」(32歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

どうして比べちゃうかなぁ。と、あきれたモードに入る女性の感想も多数ありました。生きていくすべと、愛情をひとまとめにして同じ土俵で比べるのはおかしいというような、考え方そのものに理解できない不快感を表す回答が多かったです。

■愛情感じるかも

・「ちょっとうるさいなとは思うけれども、そこまで自分のことが好きなのかなと思うと逆に嬉しい部分もある。もっと自分を見てほしいという気持ちの表れとして捉えようかなと思う。」(32歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「恋愛っていう!そうやっていってほしい気持ちもわかるから!」(34歳/小売店/販売職・サービス系)

・「ごめんなさいと思う。これからは大事にするね、と言う。」(27歳/自動車関連/事務系専門職)

そんなこと言わせるまで寂しくさせてごめんね! と感じている女性の回答もありました。一昔前なら、どちらかといえば、男性が女性に対して投げかけそうな質問ですが、女性の社会進出が進んでいることをこの質問で実感します。

■どっちも大事です

・「どららも大切と答える。相手のためにも自分のためにも、仕事は大切だから」(30歳/機械・精密機器/販売職・サービス系)

・「どっちも大事でしょという。仕事がないと生活できないし、相手がいないとやる気もおきないと思うから」(29歳/その他/販売職・サービス系)

・「恋人は当然大事だが、仕事をしているからには責任もある」(32歳/生保・損保/その他)

ラブラブモードとビジネスモードの切り替えが上手な人、または最も現実的な感想と言えるでしょう。冷静かつ客観的に自分と相手を見つめて感情にたやすく流されない、女性の強さのようなものすら感じます。

■まとめ

直感的な思いや、相手の発言へのリアクションがわかりやすい質問のように思いますが、賛否両論の感想がよせられました。この質問でマイナスイメージが湧く女性の方が多かったですが、いずれも感情的でなく冷静に考えている女性の心理も垣間見えたように感じます。あなたならどんな感想を抱きますか?

(フォルサ/竹林みか)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年8月にWebアンケート。有効回答数209件(25歳~35歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]

おすすめコンテンツ