お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

お前しかいない! 彼女を「絶対に手放したくない」と思う瞬間4選

ファナティック

「最近昔ほど、彼氏が構ってくれなくなった……」と感じたとき、もう自分に興味がなくなってしまったのかと切ない気持ちになりますよね。男性が彼女のことを「絶対に手放したくない」と思う瞬間はどんなとき? 社会人男性に聞いてみました。

■彼女の愛が伝わってくる瞬間

・「自分のことを大事に思ってくれていることが伝わってくるとき」(32歳/医療・福祉/専門職)

・「自分のことを真剣に愛してくれていると感じたとき」(32歳/その他/その他)

・「自分自身のこと思いやってくれるときです。例えば、自分が病気にかかったときに心配してくれたら手放したくないと思います」(27歳/その他/その他)

彼氏に自分のことを大切に思ってもらいたいなら、それと同じ分量だけ「彼氏を大切にして愛してあげること」も大事なのかもしれませんね。彼女からの愛を感じると、男性は感動して「絶対に手放したくない!」と思えるのだそう。

■気持ちが通じ合っていると感じたとき

・「あうんの呼吸で行動できたとき。気持ちが通じ合っている人はなかなかできないと思うので」(30歳/建設・土木/技術職)

・「心身ともに疲れているときに、何も言わずに一緒にいてくれたとき」(31歳/自動車関連/技術職)

・「普段、人前では絶対に怒らない、泣かない彼女が怒ったときや泣いたとき。それだけ我慢してたんだなと思うのと、自分の前では感情をあらわにしてほしい、そのための居場所に自分がなろうと思う。そうなるともう『絶対に手放したりできない』という気持ちになる」(30歳/運輸・倉庫/その他)

その人の前ならいつでも素直になれ、かつ「自分をわかってくれている」と感じられる相手はなかなかいないもの! こんな彼女なら、確かに手放したくなくなりそうですよね。彼氏に飽きられないようにするには、彼女というよりパートナーになった方がいい?

■彼女といて、ふとした瞬間に幸せを感じたとき

・「横顔がキレイだなと思ったときとか、そばにいて黙っていたときも気にならない自分に気づいたとき」(34歳/建設・土木/技術職)

・「一緒に過ごしていて何でもないことが幸せに思えたとき」(29歳/その他/販売職・サービス系)

長年一緒にいるとそばにいるのが当たり前になってしまい、こんな幸せを感じられる機会が少なくなりますよね。彼氏とマンネリ気味に陥っているなら、たまには普段と違うことをして「いつもの幸せ」をあらためて感じてもらうのが一番かも?

■他の男性が彼女を狙っているとき

・「数人で食事をしたときなどで、他の男性と異常に話が弾んでるとき」(28歳/運輸・倉庫/営業職)

・「他の男が意識していることがわかったとき」(34歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

マンネリを回避するテクとして、男性に嫉妬させる方法をとる女性もいますが、これはあながち間違いではないよう。男性は他の男性に彼女が狙われていると知るや「手放したくない!」なんて思ってしまうそう。マンネリ回避には嫉妬も使いようかもしれませんね。

彼氏と一緒にいる時間が長くなるにつれ、どんどん束縛が弱くなってきて「自分が一体、彼にとって何なのか」と思う瞬間も増えますよね。そんなときは上記の方法で彼氏の心に火をつけるのもアリかも? あらためて「大切な人」だと認識してもらえるかもしれません。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2015年12月にWebアンケート。有効回答数511件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]

おすすめコンテンツ