お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 働き方

有給なしでも休み放題!? 休日が多い職種9選

小売販売業は休日が稼ぎどきなので、日曜・祭日に休むのは無理だし、医療・福祉関連は24時間業務なので休みは不定期になるように、業種・職種によって休日はまちまちです。そこで、20代から30代の働く男性に、休日が多いイメージがある職種について聞いてみました。

■公務員

・「公務員。絶対的に民間との休みの格差がある」(39歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「消防士。休まなくてはならないという話を聞いたことがあるような気がする」(28歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「学校の先生。夏休みがあり、基本的にカレンダー通りに休みがある」(34歳/機械・精密機器/技術職)

予想通り一番多かったか答えは「公務員」でした。時間通りに始業して、残業がなく時間になれば終業するというイメージが根強いようです。教員は子どもと同じように、祝祭日の休みや、夏休みのような長い休日があるからという回答もありました。でも、現実的には部活動などで、残業も休日出勤もあるようです。

■大企業・メーカー系

・「メーカー関係 工場の稼働などで前もって休日を設定してそう」(36歳/その他/事務系専門職)

・「扱っている商品によっても異なるが、製造業は生産調整などの影響で休日が多いと聞く。また、市役所などの公務員に関してはかなり多い気がする」(39歳/その他/営業職)

・「トヨタなどのでかい会社の工場系」(35歳/自動車関連/その他)
/運輸・倉庫/その他)

大企業は労働組合もあるので勤務体系がしっかりしていて、週休2日制や、有給休暇もきちんと取れるのではという意見が多くありました。休みが多く取れるのは、職種ではなくて会社の規模ではという声もありましたが、一理ありそうです。

■建設業界・不動産

・「建設業界は天候や材料調達等により休みが多いと思う」(37歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「土木建築関係雨などの天候によって仕事が出来ない事があるので、結果として休日が増えてしまうから」(29歳/電機/技術職)

・「不動産業界 歩合制が多いと聞いたことがあるから」(37歳/機械・精密機器/その他)

天候に左右されるガテン系の仕事は、雨が振ったらお休みなので全体的に休みが多くなるのではという意見です。でも、納期は待ってくれないのでその分どこかで帳尻を合わせなければならなくなり、残業続きや休日出勤になるのではないでしょうか?

■勤務時間が不規則な仕事

・「夜勤があるような職。夜勤をすることによりその分休みが多いそうです」(26歳/その他/その他)

・「長距離運転手。確実の勤務のイメージがあるので」(33歳/通信/技術職)

・「鉄道会社の現場の人。48時間勤務24時間休みと聞いた」(35歳/生保・損保/技術職)

24時間体制で勤務しなければならない職種、運転手やガードマンなどは、昼間働いていないからといって、別の時間帯に働いているので、結局は同じような労働時間だし、休みも不定期なだけで日数は一緒なのではないでしょうか? 大多数の人達が働いている時間帯に、休めることが羨ましく感じるのでしょうね。

■芸能人・自由業・自営業

・「将棋指し 自身が自分のエッセイでつづっている」(38歳/建設・土木/事務系専門職)

・「俳優。キムタクが週休4日のときもあるって言ってた」(33歳/その他/専門職)

・「自営業。自由に休むことができるから」(26歳/学校・教育関連/専門職)

自由業、自営業の場合は、休日といっても働かない日なので、収入もないということになります。ですから収入は不安定だし、その人の能力によって稼いでいる人とまったく稼げない人の差が激しい職種とも言えます。休日の意味がサラリーマンとは少し違いますね。

■まとめ

隣の芝生は青く見えるといいますが、まさにそんな回答なのではないかと思いました。公立小中学校の教員は夏休み中、全部休んでいるかといえば、実際は学校へ出て部活動の顧問やら、サマースクールの指導などをしています。残業のできない公務員は、家へ持ち帰って仕事をしているという話も聞きます。休みを取りやすい職種はあるかもしれませんが、実際の休日日数にそこまで差はないのかもしれませんね。

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年8月にWebアンケート。有効回答数198件(22歳~39歳の働く女性)

(フォルサ/岩崎弘美)

お役立ち情報[PR]