お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

そんな女だったの!? 付き合ってみてショックを受けた彼女の言動10

付き合ってみないと人の本当の性格や考え方は、なかなか見抜けないもの。実際付き合ってから「本当の彼女」を後で知りビックリした男性も多いかも? そこで、付き合ってから「まじか!」とショックを受けた彼女の言動について、社会人男性に聞いてみました。

■料理が全然できなくてビックリした

・「卵焼きを作ってもらったら炭ができあがった」(31歳/情報・IT/その他)

・「料理が全部、完成品を皿へ移し替えた料理だった」(31歳/自動車関連/技術職)

・「一度もキッチンに立った事がない発言」(30歳/その他/その他)

一人暮らしを始めて間もなかったり、実家暮らしだったりすると料理の技術がまだ身についていないことも多いですよね。ただ男性は「女性といえば料理がうまい」という先行イメージがあるせいか、彼女の手料理の下手さにあらためてビックリすることも多いとか。

■元カレを引きずっている発言

・「『事故で死んだ先輩に誓ったから一生処女でいる』と言われたこと」(28歳/その他/その他)

・「『元カレ、別れちゃったけど〇〇なところは好きだったんだよね』と言われたとき。今カレという私がいながら過去の男の話を持ち出されると『ほんとに付き合って正解なのか?』と、不安と共に軽くショックを受ける」(30歳/運輸・倉庫/その他)

・「実は別の男性と同棲していることを暴露されたとき」(29歳/その他/販売職・サービス系)

元カレが初カレだと、どうしても引きずりやすくなってしまうもの。ただ、元カレとは言えほかの男性の話題を出すのは避けたほうがよさそう。また二股を堂々と発言してくる女性もいるとか。どんな過去や裏事情があったとしても、あまりあけすけに語られるのは困る?

■正真正銘のぶりっこだったこと

・「キャッキャしてるのがぶりっこじゃなくてデフォルトだったとき」(28歳/その他/その他)

・「赤ちゃん言葉というか、ぶりっこ言葉を使う」(30歳/建設・土木/技術職)

ぶりっこする女性に思うことが「本当はキャラを演じているんじゃ」という疑惑。ただデフォルトでもキャラが変わらないという、本物のぶりっこの女性も中にはいるよう。付き合って違う一面が見られると期待していたら、全く変わらなくて逆にビックリすることも……。

■住む世界が違うことを知った発言

・「実はBL好きで『漫画とかフィクションじゃなくで、実際に男同士で付き合ってる・付き合いたいって思ってる人に会いたい』って言われたとき」(29歳/通信/その他)

・「学生の頃、月々20万円近い仕送りをもらっている彼女がいて、その子がふと今月お金が足りないと言い出したとき、驚きというかショックを覚えた。なんというか住む世界が違う」(30歳/医療・福祉/クリエイティブ職)

彼氏とはいえ打ち明けづらいのが「本当の趣味や生活」の部分。でもお互いのことをよくわかりあうためには、打ち明けておかないといけない部分ですよね。ただ秘密を全部披露して引かれることもやっぱりあるよう! 彼氏に自分の全部を理解してもらうのは難しい?

付き合い始めて彼氏の思わぬ一面にビックリするように、男性もやはり「彼女の一面」を知りビックリすることがあるとか。一般的に引かれやすいと思われる自分の「一面」は、突然全部披露するのではなく、徐々に小出ししていくのが間違いないのかもしれませんね……。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2015年12月にWebアンケート。有効回答数511件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]