お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート

男子に「ワンチャンいけるかも?」と思わせた女子の小悪魔発言4

ファナティック

ビール男性たちの心を、自分の思うままに操る小悪魔女子たち。何気ない行動で、男性の本能を上手に刺激する女子は、自然と注目度もアップしがちですよね。気になる相手をちょっとその気にさせるためには、どう行動すればいいの? 男性のみなさんが「これ、ワンチャンいけるかも!?」と、少し期待した女性の態度について調査しました。

■ボディータッチ攻撃

・「まだ知り合って間もないのに、相手から急に手をつなぎたいような腕を触るアピールをされたとき」(26歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「飲み会で酔ったと体を寄せてくる」(33歳/医療・福祉/専門職)

・「飲み会ですごくボディータッチが多い女性。こちらの思い過ごしで終わることがほとんどだが……」(32歳/学校・教育関連/専門職)

定番ですが、男性をその気にさせる効果は抜群だと言えそうです。相手がイヤがっていないことを確認して、腕や手からさりげなく触れてみてはいかがでしょうか。

■下ネタ

・「下ネタを自ら振ってきたときは、いけるかも!? と錯覚する」(32歳/マスコミ・広告/事務系専門職)

・「ムラムラすると言われた」(26歳/農林・水産/技術職)

男性から切り出されることが多い下ネタトークですが、あえて女子のほうから切り出す場合も……。ギャップを感じた男性たちを、思わずドキッとさせるのでしょう。下品にならないラインの見極めが重要です。

■今日は帰らない!?

・「夜遅くなっても帰ろうとする気配がない」(32歳/金融・証券/専門職)

・「終電を逃がしたときに、居酒屋で2人でいたとき。しかも相手が自分に興味ありそうな雰囲気をかもし出しているとき」(35歳/情報・IT/経営・コンサルタント系)

終電を逃しても、まだ帰ろうとしなければ……「え!? そういうことなの!?」と妄想を膨らませる男性も多数! とはいえ、自分を安売りするのは要注意です。帰る手段を確保した上で、駆け引きを楽しんでみてはいかがでしょうか。

■好意アピール……?

・「自分の家に料理を作りに来てくれたとき」(37歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「あくまで友だちと思っていた女子から、2人きりのときに私の顔が超好みだと話してきたとき」(32歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

好意をアピールされれば、思わず期待してしまうもの。アピール方法は人それぞれなので、自分に合うものを探してみてください。ワンチャンのみで終わらないよう、工夫するのがオススメです。

■まとめ

「ワンチャンいけるかも!?」と男性に思わせることは、恋の駆け引きで有効な方法。しかしそのままチャンスをあげることが、得策だとは限りません! 男性意見を参考にしつつ、相手の出方を探ってみることで、小悪魔女子的な有効アピールの方法が身につくのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年8月にWebアンケート。有効回答数100件(22歳~39歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]

おすすめコンテンツ