お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

本気で言ってるの!? 私のまわりの浮気・不倫経験者の「ありえない発言」集

足最近、何かと話題の「浮気」や「不倫」。いけないことだとは分かりつつ、ずぶずぶハマッてしまう人が多いからこそ、こうやって話題になるのでしょうね。しかし、まっとうな恋愛をしてきた人にとっては、彼ら、彼女らの言動は信じられないもの。そこで、世の女性たちに、浮気や不倫経験のある友だちや周囲の人たちの「ありえない」発言について、お話を聞いてみました。

■それは言い訳にならない!

・「寂しいからって、妊娠中の奥さんがいる旦那と不倫していた友だちがいたので、ないなって思った」(29歳/医薬品・化粧品/秘書・アシスタント職)

・「『寂しかったから』が免罪符になると思っていること」(30歳/小売店/販売職・サービス系)

・「浮気したのに、彼氏がほうっておくのが悪いと言っていた」(26歳/建設・土木/事務系専門職)

・「向こうの奥さんが悪いと人のせいにしていたこと」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

浮気の原因を、自分の本来のパートナーや、相手のパートナーに責任転嫁してしまうような発言に、不快感を抱く人は多いでしょうね。

■好きになったんだから仕方がない

・「『だって好きになっちゃったんだもん』。相手の小さい子どもに対しては何も思わないのかな? と不思議だった」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「好きな気持ちはしょうがない。って言ったのを聞いたとき」(31歳/自動車関連/事務系専門職)

・「好きになってしまったものはしょうがない、という開き直り」(27歳/情報・IT/事務系専門職)

・「『好きなんだもんしょうがないじゃん』と不倫経験のある知り合いの発言」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

好きになってしまうのは、確かに仕方がないことかもしれませんが、衝動を抑えられず、行動を起こしてしまうのは、「仕方がない」とは言えないでしょうね。

■本来のパートナーに

・「相手を別れさせようとしているところ。相手の本人はよくても、相手の彼女とかの気持ちは考えないのかな?と思う」(28歳/建設・土木/技術職)

・「会社の上司と不倫していた同僚がいて、上司が奥さんと一緒にいるところを見たらしく、嫉妬したのか、何かイヤがらせしたいと言っていたとき」(35歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「奥さんに対して悪びれる様子がない。優越感すらある」(31歳/学校・教育関連/秘書・アシスタント職)

・「浮気相手の子を妊娠した友人が『これで彼女に勝ったと思った』と言っていて、ゆがんだ考え方にゾッとした」(28歳/ソフトウェア/技術職)

相手の本来のパートナーを蹴落とそうとしたり、自分のものにするための工作をしたりする行為は、愛情ゆえ、と言えば聞こえは良いですが、非常識だと感じる人が大半でしょう。

■いつか私と……

・「いつか私と結婚してくれると信じて疑わない女の知り合い。あなたと結婚する気があるなら、今すぐにでも奥さんと別れていると思う。と伝えたかった」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

・「いつか別れて一緒になれると信じている」(34歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「離婚するまで待ってる。と信じて話していたこと」(28歳/農林・水産/事務系専門職)

結婚しているはずなのに、不誠実な行動を取る人が、浮気相手である自分にだけは誠実、などということはなかなかないでしょうね。「別れて君と結婚する」なんて甘い言葉は信じてはいけません。

■まとめ

浮気や不倫に手を出してしまうような精神状態になると、まともな判断ができない場合もきっとあるでしょう。触らぬ神にたたり無し、とも言いますし、そういうことをしている人には、あれこれ注意をしたり、思い直させようと説得したりせず、距離を置くのが一番なのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年8月にWebアンケート。有効回答数146件(22歳~36歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]