お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

30歳すぎたけど、婚約破棄すっか! 「オレってひどい男だな」と思った瞬間4つ

ファナティック

気になる男性にアプローチをしてみても、なかなか思いどおりの答えが返ってこないことがありますよね。男性によっては、あえてスルーしていることもあるので、空気を読みたいもの。そこで今回は社会人男性のみなさんに、自分がひどい男だと感じた瞬間について、話を聞いてみました。

■無視する

・「興味ない人には完全シカト」(30歳/小売店/販売職・サービス系)

・「無視してフェードアウト」(39歳/その他/販売職・サービス系)

・「お互い目が合ったのに無視した」(25歳/運輸・倉庫/その他)

相手の女性が気があるのをわかっているからこそ、無視する男性もいるようです。少し冷たい対応のような気もしますが、女性側もそれ以上追いかける気持ちになれないので、ハッキリしていていいかもしれません。

■結婚を拒否

・「求婚を一言で拒否した」(36歳/その他/その他)

・「結婚を迫られるも先延ばしにしたこと」(37歳/商社・卸/営業職)

・「結婚を約束していたのに、自分の都合で別れを切り出してしまったこと」(36歳/その他/その他)

付き合っている彼女がいても、結婚を考えていない男性もいるもの。彼女から結婚をさりげなくほのめかしてきても、拒否することもあるようです。

■自分の都合で別れた

・「新しい女ができるとポイ。しかも自然消滅風に」(39歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

・「自分の都合で別れを切り出した」(34歳/医療・福祉/専門職)

・「連絡を取らなくなって自然消滅」(33歳/運輸・倉庫/技術職)

ほかに好きな人ができた場合、今の恋人との関係を悩むのが普通なように感じますが、ひどい男性になると、すぐに新しい恋人の元へ去ってしまうようです。こんな彼氏だと、見る目がなかったと思い、さっさと忘れてしまったほうがいいかもしれません。

■浮気していた

・「彼女がいながらいろんな女の子と遊んだ」(31歳/食品・飲料/クリエイティブ職)

・「浮気の同時進行」(36歳/情報・IT/クリエイティブ職)

・「何股もかけていたとき」(33歳/情報・IT/販売職・サービス系)

中には彼女がいるのに、浮気を繰り返す男性もいるようです。自分がひどいことをしているのを自覚している分だけ、たちが悪いですよね。

■まとめ

女性にやさしい男性もいれば、中には非道な男性もいるようです。誰だって自分のことを傷つける人より、大切にしてくれる男性のほう好きですよね。すてきな男性かどうか、見極める目を養うのがいいかもしれません。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年8月2日~3日
調査人数:118人(22歳~39歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]

おすすめコンテンツ