お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 恋愛全般

誰よりも大切な女友だち……? 男性が考える「友だち以上恋人未満の女性」の条件4つ!

ファナティック

「恋人」ではないけれど、「友だち」と言うにはなんだかアッサリし過ぎているような……。時に男女間には、こんな複雑な関係が生まれるものです。曖昧な雰囲気だからこそ、なんだかドキドキさせられる「友だち以上恋人未満」の関係ですが、いったいどんな異性が当てはまるのでしょうか。男性のみんなが思う「友だち以上恋人未満の異性の条件」を教えてもらいました。

■恋愛関係一歩手前!

・「好き同士だけど、恋人として付き合ってないとき。恋人じゃないので付き合っていないし、友だち同士の好きだけじゃない関係だと思うので」(35歳/機械・精密機器/技術職)
・「デートに対応する人。頻繁にやり取りをする人。将来の候補になる人。恋人になると基本身体の関係があるが、恋人未満はまだそれがない状態」(34歳/小売店/販売職・サービス系)

お互いの気持ちをほぼ理解し合っているものの、まだ明確な言葉にしていない状態! 甘酸っぱくて、「恋愛の醍醐味」とも言えそうな時期ですよね。「友だち以上恋人未満」の関係に、ドキドキできる特別な瞬間です。

■特別な友だち

・「単純に言えば幼なじみとか。普通の友だち以上に親しく話せるが恋人ではない。やっぱり条件によってはどうがんばっても恋愛関係にならない場合もある」(32歳/その他/事務系専門職)
・「異性のことに対して何でも相談できる。気兼ねなく本音の話をしたり聞いたりできる」(28歳/運輸・倉庫/営業職)
・「腹を割って話せて、秘密を守れる人。秘密を共有できる程の信頼が必要だと思う」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

友だちにもいろいろな種類があり、異性であっても「親友」になれることもあります。恋人ではなくても、一生大切にしたい!と思える絆は、何よりの宝物でしょう。

■先が見えない

・「趣味などで似たもの同士ではあるが、好きという気持ちがあまり強くないように思うこと。もっとも重要なのは、本気度があり、なおかつ未来像を考えているかどうかがキーポイントになる」(23歳/情報・IT/技術職)
・「飲みに行ったりできるが、恋愛対象にはできない。気楽に誘ったりできる関係なのに、異性としては見られない」(金属・鉄鋼・化学/技術職)

こんな意見もありました。好意があっても、それが恋愛感情に結び付かない場合、「恋人」にはなり得ません。要は男性の心に「ときめき」が生まれるかどうか。外から判断するのは、非常に難しいポイントだと言えそうですね。

■具体的な判断ポイントは?

・「自然に手をつなげる。でもそれ以上何もできない。友だちなら手をつなぐことができないから」(32歳/医療・福祉/専門職)
・「自分の部屋に来る。相手の部屋に行く。自分や相手のプライベートな空間に一緒にいるのは親密だと思う」(34歳/情報・IT/クリエイティブ職)

「友だち以上恋人未満」の女性を見分ける、具体的なポイントがこちらです。気になる男性にとって、現在の自分がどんな存在なのか……。見分けるポイントとして活用してみてはいかがでしょうか。

■まとめ

男性が考える「友だち以上恋人未満の女性」には、「恋愛感情の発展途上にある女性」と「仲は良いけれど、それ以上には発展しようがない女性」の両方が含まれるようです。「あれ!? もしかして私、友だち以上恋人未満かも?」と思ったときには、まずどちらのタイプなのか確かめるのが良さそうですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年7月にWebアンケート。有効回答数177件(22~38歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]

おすすめコンテンツ