お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 結婚

“天使”が現れたと思った……妻と「出会った時の第一印象」6

妻と「出会った時の第一印象」6

結婚して人生のパートナーとなった妻。夫にとってそんな最愛の女性も、初めて出会った時はどのような人に映っていたのでしょうか? 今回は既婚男性に、妻と出会った時の第一印象について本音を聞いてみました。

■一目ぼれ

・「キレイな人だと思った。付き合えたらいいなと思った」(38歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

・「まじめで一生懸命。付き合えたらなあ」(29歳/その他/その他)

・「この人しかいないと思った。ほかにはいない」(32歳/建設・土木/技術職)

・「自分の前に天使が現れたと思いました」(38歳/自動車関連/事務系専門職)

まず挙がったのは、初対面は一目ぼれで始まっているという男性のエピソード。一目ぼれというぐらいなので外見に関するコメントはもちろん多いですが、中には”まじめで一生懸命”といった、内面にほれ込んだという声も。また、「この人しかいない」「天使」というゾッコンのコメントも見られました。

■印象はけっこういい感じ

・「かわいくてぽっちゃりしてました」(36歳/小売店/事務系専門職)

・「背が高く胸がおっきくてきれいな人だなあって思った」(39歳/その他/経営・コンサルタント系)

・「優しそうで誠実そうで真面目そうな感じ」(39歳/学校・教育関連/販売職・サービス系)

・「女性と話すのが苦手な私でも話しやすい人だなぁと思った」(22歳/その他/クリエイティブ職)

このように、第一印象はそこそこよかったという声も挙がっています。男性にとって好印象に感じた決め手とは、ルックスのほか、いい性格がにじみ出ている雰囲気、人当たりの良さなど外面内面を問わずさまざまのようです。

■個性的な印象

・「変わった髪型をした子だなと思った」(38歳/自動車関連/技術職)

・「おもしろい顔をしているなと思った」(37歳/自動車関連/技術職)

変わった見た目、おもしろい見た目……というコメントも見られました。女性にとってはちょっと複雑ですが、その印象はいいものだったのかそうでないのかは本人のみぞ知ること。とりあえず、初対面時のインパクトは大きかったでしょうね。

■ちょっと敬遠気味……

・「仕事場で初めてあいさつしたけど愛想が悪かった」(37歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

・「見た目はかわいいが生意気で礼儀がなっていない女の子」(40歳以上/その他/営業職)

・「見た目は悪くないけど、酒癖がよくない」(38歳/情報・IT/技術職)

印象は最悪! とまではいかないけれど、決していいとは言えないものだったというコメントも挙がりました。そのほとんどが、態度など内面に関するもの。きっと、最初の段階ではよくない部分しか見えていなかったけれども、接していくうちにいい部分にも気づいたのでしょうね。

■そもそも出会った時っていつ?

・「むかしすぎて全然覚えてない」(37歳/建設・土木/技術職)

・「高校の部活の後輩であまり印象がないですが」(40歳以上/小売店/その他)

・「あまりぱっとしなかったので、記憶にもない」(37歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

このように、「そもそも記憶・印象がない」というコメントもいくつか見られました。付き合い始めた時のことはきちんと覚えていても、その前の段階となる出会った時については”どんなだったっけ……?”と首をかしげてしまう男性もいるでしょうね。

■結婚する運命を感じた

・「家庭を持つことが直感でわかった」(39歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

・「この人に好かれて付き合うだろうと直感した」(38歳/その他/販売職・サービス系)

出会った瞬間から、この人と結婚すると直感したという男性の声も。その後、トントン拍子にものごとが進んでそのまま結婚になったのか、それとも前途多難もあったのかはその人によってさまざまかもしれませんが、とにかく直感は見事に当たったようですね。

■まとめ

妻と出会った時の第一印象についての意見は、比較的ポジティブな内容が多く見られ、出会った時の記憶が曖昧だという声はあっても”最悪だった!”といったような強い嫌悪感が伝わってくる声はほとんどありませんでした。パートナーの第一印象については、男性と女性でそれぞれの特徴が見られそうですね。


マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年8月10日~8月11日
調査人数:218人(22歳~39歳の男性)
※画像はイメージです

(フォルサ/池亀日名子)

お役立ち情報[PR]

おすすめコンテンツ