お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 メイク

顔はいいのに……。“惜しい”女性のヘアメイク4選

彼とデートに行くときは、なるべくメイクや髪型は、バッチリ決めて出かけたいものですよね。でもあんまりがんばりすぎてしまうと、残念な結果になることも。そこで今回は社会人男性のみなさんに、「なんか惜しい」と感じる女性のヘアメイクについて聞いてみました。

【色気、あふれ出てる? 「おフェロ女子度」診断】

■チークが……

・「おてもやんのように赤いほっぺ」(38歳/機械・精密機器/営業職)

・「頬にチーク塗りすぎ、そこが目立って逆に変」(37歳/小売店/販売職・サービス系)

・「口紅が異常に濃すぎていたり、チークがキツいとき」(37歳/アパレル・繊維/技術職)

かわいらしく決めようとチークを塗りすぎると、逆効果になってしまうこともあるようですね。女性から見るとかわいく見えるメイクでも、男性からは理解してもらえないことも。

■全体的に化粧が濃い

・「顔がいいのに、厚化粧」(36歳/小売店/販売職・サービス系)

・「薄ければキレイなのに濃い」(26歳/商社・卸/営業職)

あまりにもメイクが濃すぎると、惜しい!と思っている男性もいるようですね。女性が思っている以上に、メイクは「薄め」のほうがいいかもしれません。

■前髪がおかしい

・「前髪切りすぎ女子」(28歳/自動車関連/その他)

・「前髪のバランスのおかしい人」(36歳/不動産/経営・コンサルタント系)

・「キレイにセットしてるのに前髪が乱れている」(35歳/情報・IT/技術職)

最近流行りの前髪パッツンにしていたり、全体に前髪の長さがおかしいときは、残念に思われることもあるようですね。自分に合う前髪スタイルを知ることが大切かもしれませんね。

■ショートが似合わない

・「ショートにしてるけど似合ってない人。惜しい!」(37歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

・「流行りのショートにしたが似合っていない」(34歳/医療・福祉/専門職)

オシャレ女子がチャレンジしたくなるのが、ショートヘアかもしれませんね。でも自分に似合うかどうかは、わからないもの。一度切ってしまえば、なかなか簡単には戻せないので、ショートにするときは相応の覚悟が必要かも?

■まとめ

メイクが残念だったり、ヘアスタイルが今ひとつ決まっていなかったりと、男性が惜しいと思うことがあるようですね。流行りのヘアメイクを追いかけるのもいいですが、忘れないでおきたいことは、自分に似合っているかどうか。身支度を整えたあと、一度鏡で客観的に「OKかな」とチェックしてみるクセをつけたほうがいいかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年5月23日〜30日
調査人数:409人(22歳〜39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]