お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 働き方

出世の機会を狙ってる!? 仕事のために勉強している男性◯%

フォルサ

業務時間外に仕事のための勉強をすることを、推奨している企業もありますよね。それでは実際のところ、仕事のために勉強をしている男性はどれぐらいいるのでしょうか? 聞いてみました。

Q.自分の仕事のために、現在何か勉強していることはありますか?

・ある……37.5%

・ない……62.5%

4割近い男性が、仕事のためになんらかの勉強をしているようです。詳しくそれぞれの理由を見てみましょう。

■「ある」と答えた男性の意見

●勉強する目的は?

・「資格を取って給料を上げるために頑張っている」(29歳/機械・精密機器/営業職)

・「教える仕事なので常に次の単元など知らないといけないから」(30歳/学校・教育関連/その他)

・「外国人とも接することがあるので英語の勉強をしている」(25歳/小売店/販売職・サービス系)

勉強するにはもちろん目的があるはずですよね。それは、昇給のために資格を取得したり、自分の仕事スタイルの中で必要となってくることを自主的に学習したりなどさまざまのようです。

●こんな形で取り組んでいます

・「セールストークを学ぶためにコミュニケーションセミナーに通っている」(26歳/自動車関連/販売職・サービス系)

・「資格の為に専門学校に行ってます」(27歳/医療・福祉/専門職)

・「日頃からコミュニケーションが必要なので、話題づくりの為に新聞やコミュニケーション教室に通ったりしている」(27歳/小売店/販売職・サービス系)

勉強には専門知識だけでなく、セールストークやコミュニケーションといった実践的な内容もありました。方法も人によってさまざまで、専門学校やセミナーを利用する人もいれば、さらに新聞を読むようにして知識を高めているという人もいるようです。

■「ない」と答えた男性の意見

●したいと思うけどやっていない

・「勉強したいのですが、時間がとれません」(31歳/情報・IT/技術職)

・「英語を勉強しようかなと考えているだけで何もない」(32歳/運輸・倉庫/技術職)

・「興味のある資格があるが何もしていない」(34歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

このように、本当はしたいと思っているけれど実際にはできていないというコメントが挙がりました。できていないのは、時間が取れない、費用が捻出できない、どうはじめたらいいかわからないなどいろいろな理由があるのでしょう。

●勉強する必要性を感じない

・「しなくてもアベノミクスで給与が増えている」(30歳/運輸・倉庫/技術職)

・「社内教育が充実してるので何もしなくていいです」(23歳/その他/その他)

・「そこまで熱心に仕事をしているわけじゃないので、あえて自分から勉強する必要もないと思うから」(36歳/情報・IT/技術職)

自主的に勉強をする意思があるかどうかは、その人の仕事環境や仕事に対するモチベーションによって変わってくるもの。このように、現状のままで十分なのであえて勉強をする必要はないと考える人もいるようです。

●プライベートぐらい自由にしたい

・「働くのが精いっぱいです。出社しただけで誉めてもらいたい」(36歳/学校・教育関連/専門職)

・「休みの日ぐらいは仕事を忘れたいから」(37歳/小売店/販売職・サービス系)

・「なるべく休みの時にはリラックスするようにしてる」(36歳/小売店/販売職・サービス系)

しっかりと休養したり好きなことをしたりして疲労やストレスを解消しておくことも、休み明けの仕事に備えるためには必要。このように、休みの日ぐらいは仕事のことは頭から離して過ごしたいという声も挙がりました。

■まとめ

仕事環境や考え方は人によってそれぞれなので、勉強をするしないはその人次第のこと。勉強したいとは思っているけれど実際にできていなくて悩んでいるという人は、ネット情報などで勉強を続ける方法を参考にしてみる所からはじめてみては。

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年7月にWebアンケート。有効回答数108件(25歳~39歳の働く男性)

(フォルサ/池亀日名子)

お役立ち情報[PR]

おすすめコンテンツ