お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

同棲のご参考に♪ 男性が同棲するときに求める部屋の広さランキング

結婚前の同棲期間は彼との結婚生活をシミュレーションするためにも大事な期間。同棲を成功させるには、いろいろとスタート前の準備が大事ですが、部屋選びもそのひとつ。今回は、彼女と同棲するならどのくらいの広さの部屋が必要だと思うのか、男性に意見を聞いてみました。

Q.恋人と同棲する際、部屋の広さはどれくらい必要だと思いますか?

第1位「2LDK」34.0%

第2位「2DK」28.95%

第3位「1DK」19.0%

第4位「1LDK」14.0%

第5位「3LDK」3.0%

第6位「3DK」1.0%

第1位、第2位を合わせると半数以上の人が2部屋以上はほしいと思っているようですね。では、どうしてその広さが必要だと思うのか理由を聞いてみましょう。

■第1位「2LDK」

・「一人になれる場所があるといいと思うので自分の部屋が欲しい」(33歳/商社・卸/事務系専門職)

・「二人で別々の部屋があり、さらにLDKが欲しいので、2LDKを選んだ」(33歳/通信/技術職)

・「狭いところに複数人で住むと、けんかしたときに苦しくなるので」(30歳/学校・教育関連/事務系専門職)

いくら好きな人でもずっと顔を合わせているとケンカも増えそう。ちょっと気まずくなったときにそれぞれが自分の部屋を持っていれば、気分転換のためにひとりになれる場所もあるので、気持ちにも余裕が出て、相手に優しく接することができるかもしれませんね。

■第2位「2DK」

・「ある程度広くないと無理では? 最低でも2Dはいるよね」(34歳/情報・IT/技術職)

・「ワンルームだと息がつまりますよね」(31歳/情報・IT/技術職)

・「あまり広すぎないほうが良いが、プライバシーも欲しいから」(29歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

広すぎる部屋も二人で住んでいるのに寂しい気がするけれど、プライベートは確保したい。そう思う男性は共有部分にはあまり広さを求めないようですね。ひとりの時間はひとりの時間、二人のときは同棲生活を思う存分満喫。2DKくらいの手頃な広さだとそれを実現できそうです。

■第3位「1DK」

・「狭いと、きゅうくつでどぎまぎしそうだから」(29歳/機械・精密機器/技術職)

・「広い部屋は必要ないし寝るスペースがあればいい」(23歳/その他/その他)

・「家賃は安いほうがいい。狭いのはどうでもいい」(36歳/学校・教育関連/その他)

あまりにも狭い部屋は二人で住むには窮屈だけど、広い部屋はそれなりに家賃も必要。1DKなら寝室とそれ以外のスペースという分け方ができるので、それほど狭さを感じることもなさそうです。広さを抑えて家賃を安く上げられれば、結婚資金を貯めるのも早くなりそうですね。

■まとめ

同棲するとはいえ、まだ結婚はしていないのだからお互いのプライベートは確保したいと思う男性は多そう。広さや立地などいろいろな条件で家賃もかなり差があるので、十分な広さのある部屋を借りるのは難しいかもしれませんが、二人でいろいろなことを話し合ういいきっかけにもなりますよね。部屋選びの段階から「この人とずっと一緒にいられるか」というチェックは始まっていると言えます。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年8月にWebアンケート。有効回答数100件(22歳~39歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]