お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 節約・貯金

男性が実は行きたくない「お金がかかる」デートスポット4選

デート代を多く負担することが多い男性。彼女に気をつかって楽しんでいるフリをしていても、本音では行きたくないデート先というのがいくつかあるようです。実は行きたくないデートスポットについて、働く男性の本音を教えてもらいました。

■テーマパークは、実は男性はあまりうれしくない

・「遊園地。特別絶叫マシンとか好きでもないのに、金だけはかかる」(37歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「ディズニー好きな恋人だと、2カ月に一度くらい誘われそうで、その度にそこまでの交通費、パスポート、ホテル代、食事代含めるといくらお金があっても足りない」(26歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

東京ディズニーリゾートやUSJをはじめとするテーマパーク。入園料もバカにならない上、場内での飲食代は普通よりも高く設定されているものです。夢の国を楽しむには、現実のお金がたくさん必要になってしまうのです。しかも男性は、そもそもテーマパークが心から好きなわけではないようです。彼女に楽しんでもらうためにしてはお金がかかりすぎる、そんな場所なのかもしれません。

■ショッピングモールでのお買い物デート

・「アウトレットモールに行くと色々お金を使うが、そんなに買い物が好きでない」(37歳/小売店/販売職・サービス系)

・「ショッピングモール。実際にはあまり楽しくないから」(31歳/医療・福祉/専門職)

常にテレビコマーシャルが流れている、ショッピングセンターやアウトレットモール。ちょっと遠出になったり、異国情緒が少し感じられるということで、定番のデートスポットですよね。でも、そこでの買い物は本当にお得でしょうか? 売られているもの自体が意外と高い場合もありますし、交通費や飲食費を含めると、けっこう高くつくデート先のようです。

■お金のかかるレストラン

・「高級寿司屋。そんなとこばかり行っていたら破産する」(37歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「高級レストラン。食べ物にそんなに興味が無いので、食費はできる限り出したくないから」(36歳/情報・IT/技術職)

・「六本木や代官山などのデート。ご飯がそこまでおいしくないのに高いから」(29歳/機械・精密機器/販売職・サービス系)

デートと言えば、ディナーは欠かせないでしょう。でも、ディナーが毎回、お金のかかるレストランだったら男性は大変です。そのようなお高いところは、たまに行くから楽しいものなのかもしれません。また、場所柄のせいで金額が高くなっているのに、実際は大したことないお店というのもたくさん存在します。食は見た目より質を重視する男性にとっては、オシャレなだけのお店も理解できないのかもしれません。

■家があるのに近場のホテルに泊まるの?

・「ホテルは高いだけなのでやめてほしい」(24歳/運輸・倉庫/技術職)

・「ラブホ。なんで行かなきゃならんの。外じゃだめなの? 家じゃだめなの?」(36歳/学校・教育関連/その他)

翌日の朝まで時間がある場合には、デートでホテルに泊まることもありますよね。旅行中はともかく、家に帰ればタダなのに、わざわざホテルに泊まることに意味を感じない男性も多いようでした。記念日やクリスマスといった特別な日ならいいのでしょうが、普段の週末にホテルに泊まりたがると、男性は少し辟易してしまうのかもしれませんね。

■まとめ

女性にとってはショックな結果となったかもしれません。雰囲気もお金のうち、と考えられる女性とはちがい、男性はもっと具体的なメリットを求めるのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年7月にWebアンケート。有効回答数103件(22歳~39歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]