お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 妊娠・出産

妊娠したい人が「絶対にしない」こと4つ

ファナティック

30代前後になると、将来の妊娠について考える女性が多くなりますよね。これまでの自分の生活を見直して、赤ちゃんが生まれやすい体作りをしておきたいところ。今回は妊娠したい人が絶対にしないと思うことについて、女性のみなさんに教えてもらいました。

<妊娠したい人が絶対にしないこと>

■タバコ

・「タバコ。できたとしても赤ちゃんに悪そうだから」(28歳/建設・土木/技術職)

・「タバコを吸うなど赤ちゃんに影響が出ること」(26歳/建設・土木/事務系専門職)

・「喫煙。おなかの子にダイレクトに影響がありそうなので。子どものことを思ったら絶対にしないし、吸っていてもやめるだろうなと思うから」(24歳/農林・水産/事務系専門職)

喫煙は、赤ちゃんにいい影響をもたらしません。タバコは中毒性があるので、やめようと思っても、すぐにやめるのは難しいことも。妊娠したいと考えている人は、今から禁煙に励みたいですね。

■体を冷やす

・「体を冷やす。女性にとっては冷えは敵以外の何者でもないから」(34歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

・「体を冷やすこと。体を冷やすと子宮の能力が衰えると聞いたことがあるから」(28歳/ソフトウェア/技術職)

・「体を冷やすことは、妊娠したい人は避けたほうがいいとよく聞くから、していないと思う」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

女性にとって冷えは大敵。体を冷やすことはよいことではないですよね。子宮の機能に影響が出てしまいそうなイメージがある人もいるよう。

■不規則な生活

・「不規則な生活。規則正しくないと生理が来ない」(31歳/団体・公益法人・官公庁/秘書・アシスタント職)

・「不摂生な生活。子どものことを考えるとできない」(29歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

・「不規則な生活。体に悪いから」(32歳/その他/その他)

妊娠を考えると、健康な体作りというのも大切になってきます。不規則な生活では体調をととのえにくくなりますし、妊娠がしにくくなってしまうこともありそうですよね。

■暴飲暴食

・「暴飲暴食。お酒はだめと思うから」(27歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

・「暴飲暴食。お酒を飲みすぎたり、ジャンクフードばかり食べること」(31歳/その他/その他)

・「暴飲暴食。規則正しく生活していそうだから」(32歳/金融・証券/専門職)

妊娠がわかってからの健康管理はしやすそうですが、そうでないときは甘えが出てしまうことも。妊娠を考えているタイミングから、食生活の見直しは必要になりそうですね。

<まとめ>

妊娠中や妊活中は、妊娠や胎児のことを中心に考えるようになりますよね。特に妊娠は望めば必ずというわけではないですから、より妊娠しやすくする努力が必要になることも。そのためにも、妊娠しにくくなるようなことは避けたいものですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年8月1日~2016年8月8日
調査人数:129人(22~34歳の働く女性)

おすすめコンテンツ