お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 ビューティ全般

若作りしすぎ! 絶対「こうなりたくない」職場の先輩女性の見た目4つ

ファナティック

職場の先輩女性は頼りがいがあったり、仕事をてきぱきこなしたりとあこがれる面も多いですよね。でも、見た目の面において「ココはちょっと……」と思っってしまうこともあるみたい。今回は、女性のみなさんに「絶対こうなりたくない!」と思う職場の先輩女性の見た目の特徴について聞いてみました。

【老けはすぐやってくる! 「オバサン要素」診断】

■髪の毛がボサボサ

・「髪の毛がパサパサ。一気に老けて見えるから」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

・「髪の毛がボサボサ。少しは手入れをしたほうが、疲れた感じが出なくていいのにと思う」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「髪がボサボサで身なりまで手が行き届かない先輩」(28歳/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)

髪の毛のお手入れを怠っていると、すぐにボサボサになってしまいますよね。いくら仕事ができても、自分の身なりに気を遣っていない先輩を見ると、こうはなりたくないと思われてしまうかもしれません。

■メイクが濃い

・「化粧がTPOにそぐわないくらい濃い」(29歳/その他/その他)

・「化粧がケバい人。化粧に頼りきっていそうだから」(33歳/情報・IT/事務系専門職)

年々気になる肌トラブルに対応すべくついついメイクも濃くなってしまっているのかもしれませんが、あまりにも濃いのは周囲も引いてしまうもの。まずは内面からキレイになれるよう、スキンケアをがんばってみたほうがよさそうです。

■ファッションが若作り

・「年齢に合わない若作りファッション」(25歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「年齢に似合っていない服装」(33歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

・「50代で20代の服装やメイクをしてる人」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

いつまでも若くいたい気持ちはわかりますが、やはり年齢相応に似合うファッションがありますよね。もう若いといえる年齢でもないのに、明らかに若者向けのファッションをしていると、後輩たちに後ろ指をさされているかもしれませんね。

■メイクが古い

・「化粧が(おそらく)ずっと変わってない人。派手なピンクのリップをずっと塗っている人がいて、自分はこんな時代ハズレになりたくないなと思う」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「いつまでも若いときのメイクをする人」(29歳/通信/秘書・アシスタント職)

・「メイクや服装の時代が止まっている」(31歳/学校・教育関連/秘書・アシスタント職)

メイクはその時代ごとに流行りのスタイルがあるもの。自分の若いころに流行ったメイクをいつまでもし続けると、さすがに年齢を感じさせられますよね。

■まとめ

職場の先輩女性に対して、素敵だとあこがれる面もある一方で「こうはなりたくないな」と思ってしまう部分というのはあるのかもしれませんね。自分の外見は他人に指摘されるまで、案外気づかないもの。もし職場で「先輩」の立場にいる人は周囲にどう思われているのか、一度客観的に振り返ってみてもいいかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年8月10日〜15日
調査人数:103人(22歳〜34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]

おすすめコンテンツ