お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

罪なオトコたち! なんとな~くやっちゃった「女子への思わせぶりな行動」

ファナティック

男子スマホ異性に対する思わせぶりな行動。相手にとっては迷惑かもしれないけれど、気を引くためや自分の立場を少しだけ優位にしたいという思いから、そういう行動をしてしまうことはありませんか? 今回は男性たちが女性に対してしたことがある「思わせぶりな行動」について聞いてみましょう。

■誘うけれど実行しない

・「今度飲みに行きましょうと連絡し、その後連絡をしていない」(38歳/金融・証券/営業職)

・「ご飯に誘って、しばらくしてから返事が来たときには、すでに興味ないですとなっており、スルー」(37歳/機械・精密機器/営業職)

・「プレゼント攻勢したが、デートには誘わなかった」(33歳/機械・精密機器/事務系専門職)

女性を食事などに誘ったものの、具体的に日にちなどは決めないままフェードアウト。誘われたほうとしては、いつ連絡が来るのだろうと心待ちにしていそうですよね。本当にデートしてみたいなと思う相手なら、誘いがあったときに一気に会う日まで決めておいたほうが良さそうです。

■優しくしたり、褒めたりする

・「手を握ったり、頭を撫でたり、肩を抱いたりしたが、そこまでで留めた」(32歳/マスコミ・広告/事務系専門職)

・「優しく話を聞いてしまった」(28歳/ホテル・旅行・アミューズメント/その他)

・「とにかく褒めまくった」(29歳/金融・証券/営業職)

ちょっと気になる男性はもちろん、そうでない男性でも妙に優しくされたり、褒められたりすると自分に気があるのかなと思ってしまいますが、それ以上は何もしなかったという男性も。女性が自分のことを意識し始めると、思わせぶりな行動を取ったことを後悔するのでしょうか。

■好きでなくてもデートはする

・「好きでもないのに、やたら会っていた」(33歳/運輸・倉庫/その他)

・「みんなでカラオケに行ったとき、二人きりで抜け出した」(37歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「好きではないが、とりあえずデートに誘ってみた」(33歳/電機/技術職)

それほど好きな女性ではなかったけれど二人きりでデートをしてみる。男性にとっては大したことがないと思う誘いなのかもしれませんが、デートをOKするということは女性としてもまんざらではないはず。実は、自分のことが好きではなかったと分かったらショックですよね。

■まとめ

思わせぶりな行動を取っておきながら、女性のほうがリアクションをしたらスルー。決して多くはないけれど、こういう男性もいるようですね。ただ、本気で誘っているのか、単に「あわよくば」と思っているだけの男性なのかを女性としてもきちんと見抜くことが大事かも。誰にでも気軽に声をかけているような男性の誘いは、ビシッと断っても罪悪感を感じる必要はなさそうですよね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年7月にWebアンケート。有効回答数90件(22歳~39歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]

おすすめコンテンツ