お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 ママ

妻を“女”として見れなくなった瞬間11 「トイレで……」「裸で●●する」

妻を女として見れなくなった瞬間11

結婚生活が長くなると、夫婦は自然と家族のようになっていくもの。同時に男女として意識し合える関係でもい続けたいところですが、夫婦がお互いに異性として意識できなくなるのはどんな時なのでしょうか? 今回は、結婚後に妻を女性として見れなくなった瞬間について男性に本音を聞いてみました。

■恥じらいのない行動

・「トイレをするときにドアを閉めない」(33歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

・「だらしない格好でお菓子をバリバリ食べている様」(38歳/金融・証券/営業職)

・「平気で裸で歩き回ってもなんとも思わない」(37歳/小売店/販売職・サービス系)

・「おならやゲップはできるだけしないでほしい」(36歳/金融・証券/営業職)

まず挙がったのは、本来ならば人前でするのをためらってしまうような行動の数々を目の前でされた瞬間。このようなことは、むしろ気を許している相手だからこそできるものなのですが、妻にやられるといい気はしないという男性は少なくないようです。

■外見が変化してしまう

・「おばあちゃんになってしわしわよぼよぼの姿は見たくないです」(34歳/機械・精密機器/技術職)

・「結婚後にだらだらして、ブクブクと太られるとどうしても女性としての魅力は無くなってしまうと思う」(32歳/学校・教育関連/専門職)

人は年齢を重ねるもの。妻もいずれおばあちゃんになるのは自然のことで、さらにはお互いさま。わかってはいても、その姿を想像すると受け入れる勇気がないといったところでしょうか。また、乱れた生活習慣による体型の変化についてのコメントも挙がりました。

■身だしなみに気を使わない

・「ファッションが部屋着ばかりになる」(34歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「おばさんくさい格好をされたら」(32歳/金融・証券/専門職)

・「ノーメイクで外に出る。ムダ毛処理をしなくなる」(31歳/機械・精密機器/技術職)

女性は家事や育児に忙しくなると、どうしても時短を意識してしまうもの。自分の美容やファッションに時間をかけることが思うようにはいかなくなりますよね。しかし、身だしなみがおろそかになる妻は女性として見られなくなってしまうという男性もいるようです。

■女としてではなく家族として

・「家族としての愛情が増していくので、自然と女としてみなくなってしまう」(33歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「子どもばかりで自分にかまってくれることが少なくなった」(31歳/情報・IT/技術職)

結婚して家族になった時点で自然と女性として見なくなるという、決してネガティブではないコメントも挙がりました。また、妻が子どもにつきっきりになっていてすっかり母親になっているという声も。こればかりは、もう仕方がないですよね。

■まとめ

結婚生活はお互いに男女を意識し合う関係から始まってはいるものの、いずれは家族のようになり、外見に変化が出てきたり人前では見せられない面を見せてしまう時もあるもの。しかし、妻には女性としての緊張感をある程度持っていてほしいという男性も少なくないようですね。

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年7月21日~7月31日
調査人数:71人(22歳~39歳の男性)
※画像はイメージです

(フォルサ/池亀日名子)

お役立ち情報[PR]