お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

第61話 ドライブデートに

企画書を持って頭を下げているわたしに、
課長は一瞬ぽかんとした顔をしたけれど、
その後、ニヤリと笑って言った。
「わかった。
うん、あきらめないのは大事だ」

安斎課長の笑顔をうれしく感じたのは、
今日が初めてかもしれない。
わたしもとても、うれしかった。

その日は、慎也からの返信がないことが、
ときどき胸を刺したけれど、
これから先の展開を考えながら、
できる限り仕事に集中して作業した。

そうしてまた疲れきって家についた頃、
ふとスマートフォンを見ると文字が浮かんでいた。

「忙しくて返信できずにごめん!
クタクタに疲れきってました。
本当にごめんなさい。
ね、次のデート、岬までドライブに行かない?
いろいろな花が咲き始めて、きれいらしいよ」

慎也の返事を見たとたん、
文字通り目の前が明るくなった。

お役立ち情報[PR]

おすすめコンテンツ