お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

第57話 キラキラ

今日のドライブデートはとても寒いせいもあって、
リゾート地のショッピングモールへ、
向かうことにした。

暖かい車の中から、山の冬景色をながめ、
ふたりお気に入りのドライブインで、
熱いコーヒーとご当地もののスイーツを楽しむ。

「じゃあ、バレンタインのプレゼント、
開けてみようかな
……おっ、こういう赤のストライプ、好きなんだ。
さすが瑞葉、わかってるよな」
「よかった。
気に入ってもらえて、うれしい!」

慎也の笑顔が、全身に少し残っていた、
仕事疲れを吹き飛ばしてくれた。
それから、さらに車を飛ばして、
ショッピングモールを目指した。

実をいうと最近、
ドライブデートも、ちょっぴりマンネリ。
でも慎也と行くなら、どこだっていい。
慎也といっしょなら、
何を見てもキラキラして見えるから。
ずっとこんな時間が続けば、いいのにな。

お役立ち情報[PR]

おすすめコンテンツ