お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 婚活

これぞ男の夢! 仕事から帰ったら「ごはんが先」or「お風呂が先」、64.6%が選んだのは?

「お帰りなさい。ごはんにする? それともお風呂?」と、仕事から帰ってきた旦那さんに問いかける、新婚さんのお決まりの文句。未婚女性としては、あまり思い入れのない言葉かもしれませんが、「結婚したらいつか言ってみたい!」と密かにあこがれを抱いている人も多いのでは? そこで今回は、働く男性たちにこんな質問をしてみました。

Q.仕事から帰ったら、理想は「ごはんが先」or「お風呂が先」、どちらですか?

「ごはんが先」……64.6%
「お風呂が先」……35.4%

「まずはごはんを食べたい」という男性が多いようですね。たしかに夜遅くまで疲れて帰ってきたときは、お腹もペコペコ! 腹ごしらえをしっかりした上で、お風呂に入ってゆっくり体を休めたいというのが男性たちの考えなのでしょうか。では、それぞれの回答を選んだ理由を見てみましょう。

<「ごはんが先」派の意見>

■とにかく仕事後はお腹が空いているから

・「お腹が空いたままは我慢できないので」(34歳/商社・卸/営業職)

・「猛烈にお腹が空いているので、とりあえずご飯を食べたい」(32歳/通信/技術職)

朝早くから夜遅くまで仕事をがんばっている男性たちは、帰宅するころには腹ペコ状態。「お腹が空いて倒れそう……」とゲッソリして帰ってきた彼には、ます、温かいごはんを用意してあげるのが効果的なようです。

■お風呂は一日の〆!

・「最後にお風呂に入りたいから」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

・「風呂は寝る前だから」(36歳/小売店/販売職・サービス系)

・「先にごはんを済ませてからお風呂でゆっくりしてそのまま寝たいから」(28歳/情報・IT/技術職)

寝る前にお風呂に入り、体を温めてから眠るのは、健康にもいいですね。胃を休めるために、食事のあとは少し食休みをしてからお風呂に入るように勧めてあげましょう。食休みがちょうど終わったころに温かいお風呂の準備ができていれば、疲れて帰ってきた彼も喜んでくれるはず!

<「お風呂が先」派の意見>

■まずは汚れを落としたい!

・「先に汚れた身体を洗いたいから」(22歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「汗をかいていて気持ちが悪いから」(34歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「汚いままでいたくないから」(31歳/運輸・倉庫/技術職)

一日中仕事で外出をしていると、帰ってきたころには汗やホコリで体は汚れてしまっているもの。きれい好きな男性は、まずそれを落とさないと気が済まないようです。そんな彼が帰ってくるタイミングで、お風呂の準備をしておけるといいですね。

■落ち着いてごはんを食べたい

・「ゆったりとしてからごはんを食べたい」(29歳/医療・福祉/専門職)

・「さっぱりしてからごはんを食べたい」(28歳/自動車関連/技術職)

・「食事は時間を気にせずゆっくりとりたいから」(33歳/情報・IT/事務系専門職)

お風呂に入って、「ごはんを食べればあとは寝るだけ!」のときは、リラックスした状態でゆっくりと食事をすることができますよね。彼と一緒に先にお風呂を済ませてしまえば、食事と一緒にまったりお酒なんかも2人で楽しめそう。

■まとめ

夫婦共働きが当たり前の現代社会、なかなか、彼より先に帰宅し、食事に、お風呂にと支度を完璧にしておくなんてことは難しいことかもしれません。でも、自分の仕事が比較的暇なとき、彼の仕事が忙しいときなどに、こんな気遣いができれば彼もとても喜んでくれるはず。結婚生活の参考に、気になる彼は「ごはんが先派」か「お風呂が先派」か、をチェックしておくといいかもしれませんよ。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2015年11月にWebアンケート。有効回答数130件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]