お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 不調

インフルエンザ予防のために摂っておきたい食べ物3選

ファナティック

「今年こそはインフルエンザにかかりたくない!」と思っていても、毎年お約束のようにインフルエンザにかかってしまう人っていますよね。そこで今回は、インフルエンザ予防のために摂っておきたい食べ物について、働く女性たちに聞いてみました。

<インフルエンザ予防のために摂っておきたい食べ物>

■ヨーグルト

・「ヨーグルト。テレビでインフルエンザ予防に効果があると見たから」(24歳/食品・飲料/専門職)

・「ヨーグルト。腸内環境を整えると免疫力もあがるから」(28歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「ヨーグルトがいいと聞いたことがあるので食べています」(26歳/情報・IT/技術職)

ヨーグルトが体にいいということは周知の事実ですが、腸の免疫細胞の働きを高めることで、インフルエンザの予防にもなるそうです。ヨーグルトの乳酸菌によって、腸内の環境が保たれると、免疫力が高まりそうですよね。

■果物

・「果物。ビタミンを摂るため」(31歳/医療・福祉/専門職)

・「特にないけど、強いて言えばビタミン豊富な果物」(28歳/金融・証券/事務系専門職)

・「ビタミンを多く含む果物を食べます」(24歳/ソフトウェア/秘書・アシスタント職)

インフルエンザの予防には、果物を摂取することでも効果があるようです。免疫力を高めてくれるビタミンはもちろん、体をあたためる効果もあります。しかしバナナやパイナップル、メロンなどは、体を冷やす効果のある果物なので、すべての果物がよいというわけではなさそうです。

■野菜

・「にんじん。βカロテンは体の抵抗力をあげると聞いたから」(31歳/学校・教育関連/専門職)

・「しょうがやネギなど。体があたたまるし抵抗力もつくかなと」(32歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

インフルエンザを予防するには、免疫力を高めることが重要になってきます。また、体をあたためる効果のある食品は、風邪にも効果的なので、積極的に摂取するようにしたいですね。

<まとめ>

インフルエンザを予防するには、手洗いやうがいなど、方法がいろいろとあります。体内から予防するには、ビタミンを豊富に含んだ食品を食べたり、体をあたためる効果のある食材を選ぶことが重要なようですね。ぜひ試して、冬を元気に乗り越えましょう!

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません。

※『マイナビウーマン』にて2015年11月にWebアンケート。有効回答数208件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]

おすすめコンテンツ