お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

スリム美人は共通して「小さい食事を1日に何回もする」―研究結果

1日3食ではなく、小さい食事を何回もした方が健康的に良く痩せやすいとっ着た事がありませんか?

今回、Journal of the American College of Nutritionという研究雑誌に投稿された研究で、BMI値が低く痩せている人は共通して3食ではなく小さい食事を1日に何回もする食生活をしているということがわかりました。

近年、一般的な3回の食事をする人が減少する中、肥満な人が増えているという所に目をつけた研究者が、「3回の食事をしないから肥満の人が増えてきているのではないか」という仮定を元にこの研究を行いました。

【多くのスリムな人々に共通している習慣とは?】

そして、2700人にアンケートを行い彼らの食事や間食の習慣について質問がされました。その結果、平均的に人々は1日5.64回食事をしているという事がわかり、食事の回数が多いほどBMI値が低いという関係性がわかったのです。

かといって、1日5回食事をすれば痩せられるという事ではありません。研究結果では、BMI値が低い人は朝食と夜ご飯に健康的な物を食べる習性があり、テレビや映画を見ながら食事はしないということもわかっているのです。

この研究では、食事の回数が多い人がなぜ痩せているのかという事は解明されていません。なので、3食ではなく小さい食事を何回かすれば痩せるということは言い切れません。

しかし、3食ではなく1日何食かしていて自分は健康的ではないのではないかと悩んでいる人は、無理に3食の生活に帰る必要はなさそうですね。

The trait people with a low BMI have in common
http://www.womenshealthmag.com/weight-loss/low-bmi-trait

お役立ち情報[PR]