お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 ライフ全般

猫は、あなたが思っているほど、なでられるのが好きではない

イギリスで活動する猫の保護団体 キャッツ・プロテクションが実施したアンケート調査の結果、半数以上の人が、なでられすぎることによって猫が感じるストレスに気づいていない事が分かりました。

キャッツ・プロテクションで、猫の行動療法などをするマネージャー、ニッキー・トレバロウさんは、次のように言っています。

「あまり長い時間、抱っこをされたり、なでられたりすると、猫にとって、とてもストレスになる場合があります。」

【『まさはる君が行く!ポチたまペットの旅』がペットツーリズム大賞を受賞!】

「猫には、自分の場所と平穏が必要です。」

「猫は、毛皮に被われた小さな人間ではありません。私達が心地よく感じることでも、彼らにとって同じであるとは限りません。」

「飼い主はペットを愛していて、ペットを幸せにしたいと思っています。しかし、私達の調査結果は、飼い主の理解不足を示しました。」

今回の調査では、複数の犬や猫を飼うことが、ペットのストレスになる場合があることを、約半数の飼い主が理解していないことも分かりました。
さらに、半数以上の人は、家の中でペットが糞尿の粗相をすることが、ストレスのサインであると知りませんでした。
また、同じ場所ばかりグルーミングするようになることがストレスと関わっていると知っていたのは、4分の1の人だけでした。

長くペットを飼っていると、まるで人間の家族のような気持ちになります。しかし、彼らが人間ではなく、人間と同じように扱うと負担をかけてしまうことがあると理解することが、ペットの幸せのためには大切です。

2014/10/6 Sorry to break this to you but your cat hates being stroked
http://metro.co.uk/2014/10/06/sorry-to-break-this-to-you-but-your-cat-hates-being-stroked-4895098/

お役立ち情報[PR]

おすすめコンテンツ