お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド グルメ全般

1位はうまい棒、2位はあの新参者!? みんなが一番好きな駄菓子

筆者が子どものころは、小銭を握りしめてよく近所の駄菓子屋へ行ったもの。そこでお気に入りの駄菓子を買っていたのですが、他の友達と自分のお菓子の趣味が全く違っていたのを覚えています。来る日も来る日も飽きずに「よっちゃん」を買っていた筆者に対し、周囲は「おいしいけど毎回はちょっと……」と別のお菓子を買っていた記憶が。

【無性に食べたくなる「駄菓子」教えて!「蒲焼きさん太郎」「モロッコヨーグル」】

よっちゃんこそ一番おいしい駄菓子だと思ってきたのですが、果たして皆さんはどう思っていたのでしょうか。読者の皆さんに、一番好きな駄菓子について聞きました。

調査期間:2014/8/12~2014/8/22
有効回答数533件(ウェブログイン式)
マイナビウーマン調べ

Q.一番好きな駄菓子は何ですか?

1位 うまい棒……18.4%
2位 ブラックサンダー……18.2%
3位 ベビースターラーメン……12.6%
4位 よっちゃん……7.5%
5位 5円チョコ……5.3%
6位 きなこ棒……4.9%
7位 コーンポタージュ……4.3%
8位 モロッコヨーグル……3.9%
9位 らーめんばばあ……3.2%
10位 キャベツ太郎……2.8%
10位 BIGカツ……2.8%
10位 さくらんぼ餅……2.8%

よっちゃんは4位という結果に。筆者が子どものころ、周囲からの評価も「スタメンではないけどよく買う駄菓子の一つ」という4位ぐらいの扱いだったような気がします。上位5位までの理由を紹介します。

1位 うまい棒
「基本だから」(25歳/女性)
「ごはんのおかずになるおいしさ」(48歳/男性)
「あのコスパはすごいので」(24歳/女性)
「片手で食べることができる」(22歳/女性)
「最近発売されたプレミアムのカマンベールチーズが超絶おいしい」(30歳/女性)

いろいろな味がある上、10円と思えないサイズも人気の理由のよう。確かにあのコスパの良さは駄菓子界で群を抜いていますよね。よっちゃんが好きだけど、うまい棒なら仕方ないです。

2位 ブラックサンダー
「さくさくとした食感がいい」(25歳/女性)
「チョコとクッキーの配合が絶妙でうまい」(24歳/女性)
「小腹がすいたときに値段も量もジャストです」(32歳/女性)
「駄菓子とは思えないおいしさ。ザクザク感もチョコレートの味も良く、祖母や弟も好き」(42歳/男性)
「『駄』な感じがしなくておいしいから」(37歳/男性)

比較的新しい印象がありますが、今年で20周年を迎えるお菓子。製造元のユーラクは、ブラウニーやウエハース、ビスケットなどを作っている会社だそう。さまざまな食感のお菓子を製造する中で得た知恵が、あの癖になる食感を生み出したのかもしれません。

3位 ベビースターラーメン
「ビールに合う」(29歳/女性)
「ひとつまみで少年時代に帰れます」(32歳/女性)
「強烈な塩辛さがいい」(27歳/男性)
「いろんな種類があって、ちまちま食べるのがまたいい」(32歳/女性)

筆者には兄がいるのですが、兄はベビースターラーメンのチキン味の熱狂的ファンでした。酒に合うという意見があるあたり、兄弟そろって酒のアテになる味が好きだったのかもしれません。

4位 よっちゃん
「大人になってからも唯一おいしいと思えるので」(25歳/男性)
「イカと酢の酸味が合っておいしい。お酒に合うと思う」(32歳/女性)
「健康に悪そうな色だけどおいしい」(37歳/女性)
「足りないと思うほどおいしいので」(27歳/女性)

筆者も子どものころは「大人になったらよっちゃんを大量購入したい」と思っていたのですが、大人になったある日ディスカウントストアで「Bigよっちゃん」が売られていて感激しました。

5位 5円チョコ
「まともなチョコの味がする」(33歳/女性)
「安いのでたくさん買える」(36歳/男性)
「10円以下の駄菓子なので」(31歳/男性)
「昔から縁があるようにと食べていたから」(39歳/男性)

いろいろな駄菓子を買った結果、手元に5円だけ残ったとき。迷いなく5円チョコを買っていた……という人も多いのでは。子どもの懐事情をうまくついた商品です。

最近は街の駄菓子屋自体が減ってしまいましたが、スーパーやコンビニの一区画で駄菓子が売られていることも。そこで昔から変わらない駄菓子が売られていると、なんとなくほっこりしてしまうのは筆者だけではないはず。

流行りのお菓子もいいですが、ときには駄菓子を食べて懐かしさを味わうのもいいかもしれませんね。

(山本莉会/プレスラボ)

お役立ち情報[PR]

おすすめコンテンツ