お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 ビューティ全般

その化粧品、雑菌だらけかも!? 開封前&開封後の化粧品の消費期限、知ってる?

米村亜希子

突然ですが、化粧品にも消費期限があるということを知っていますか? 実は古い化粧品を使うと、ある日ドカーンと肌トラブルを起こす、なんてこともあるんです。今、使っている日焼け止めはいつ購入しましたか? マスカラは? グロスは? 化粧品の消費期限について理解しておくことは、理想の肌、なりたい肌を叶える新常識です!

STEP1:未開封・涼しい所での保管で3年以内

ちょっとかたい話ですが、化粧品の消費期限表示は薬事法(化粧品の製造、販売を規制する法律の第61条)で、次のように義務付けられています。「製造又は輸入後適切な保存のもとで、3年以内に性状及び品質が変化する恐れのある化粧品」。つまり、高温で日の当たるような場所を避けて、きちんと保存しているものであれば、未開封で最低3年はもつとされています。最近ではオーガニックコスメやナチュラルコスメに、消費期限が表示されているものがありますが、これは製造されてから3年以内に変質することがあると判断されたもの。ここまでは未開封が前提の話。次に開封後についてご紹介します。

STEP2:開封後の消費期限はアイテムによってさまざま

例えば、リンゴの切り口が空気に直接触れると茶色く変色したり、釘を放っておくと錆びる現象を酸化と呼びますが、化粧品も開封して空気に触れた部分から酸化が進みます。そのようなものを肌に塗ると肌ダメージを引き起こす可能性大です。アイテムによって開封後の消費期限は異なるので、次を参考にしてみましょう。
●スキンケア化粧品・ベースメイク化粧品:(内容量にもよりますが)3ヶ月~半年以内。
●アイシャドウ:パウダータイプなら約2年。クリームタイプなら3ヶ月~半年。
●アイライナー・マスカラ・口紅・グロス:2ヶ月~3ヶ月以内。
酸化と同じように気を付けたいのが、菌の繁殖。特に水ベースのものはバクテリアが発生しやすいので粘膜に入ると危険です! 使うたびに蓋やパッケージに汚れがつかないように心がけましょう。

STEP3:臭い・分離・沈殿を要チェック!

今、使っている化粧品の「臭い、分離、沈殿」をチェックしてみましょう。臭いは、鼻がツンとする、咳き込むような刺激を感じたら危険です。乳液やクリーム、口紅は開封するとその時点で酸化が進み、時間の経過とともに分離することがあります。また化粧水や美容液を放置しておくと、白い浮遊物が沈殿していることがあります。このような状態の化粧品を肌にのせると、繁殖した菌が毛穴に入って肌トラブルの原因になりかねません。この条件に1つでも当てはまれば即、断捨離です。

STEP4:特に日焼け止めには配慮して!

この数年、日本の夏は常識外れの高温多湿で、通常であれば安全と思われる化粧品も、品質が変化している場合があります。特に日焼け止めは、紫外線を跳ね返したり、熱を放出する成分が配合されている関係上、酸化や分離の進みが早いので、開封したら1シーズンで使い切るようにしましょう。去年のものが余っているからもったいない、の精神は心を鬼にして絶ちましょう。

POINT

食べ物を選ぶ時、賞味期限を気にして新しいものを選ぶのは、健康な身体を維持するため。美しいお肌を目指すためにも化粧品の消費期限を守ることが、とっても大事だということを肝に銘じておきましょう。

お役立ち情報[PR]

おすすめコンテンツ