お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 ライフ全般

「スポンジの替え時は?:月に2回~4回」―台所を清潔に保つための管理方法

お皿を洗う、カウンターを掃除するなど、キッチンの清潔を保つためのスポンジ、でも管理を間違うとバクテリアの温床に!正しい管理の方法をご紹介。

【一緒に住んでわかった男子の実態「スポンジを使えない」「暇があればコロコロ」】

1、スポンジはすぐバクテリアの巣に!
米クリーブランド・クリニックの健康事業部の環境科学や予防医学に詳しいドクター、スコル氏によると、新品のスポンジにはほとんどバクテリアは付着していないけれど、通常の使用を2~3週間続けた後は、家中で一番汚いものになり得るとのこと。

ポリウレタンから自然素材まで様々な種類のスポンジがあれど、特にバクテリアの量が大幅に減るような素材はなく、スコル氏自身は、できるだけ目が細かく均一なフォームスポンジを使っているそう。また、米アリゾナ大学が過去10年間に渡り行った調査によるとによると、スポンジは1平方インチあたり1000万個のバクテリアを抱え、トイレのシートの20万倍汚いとか…!

2.スポンジの替え時は?
冬場は気温が低いことから、やや眺めにスポンジの衛生を保てるものの、スコル氏は気温にかかわらず、月に2~4回スポンジを取り換えることを勧めています。「少しでもべたべた、ぬるぬるしたら、それが替え時のサイン」だそう。

3.スポンジを清潔に保つには?
抗菌系の洗剤とお湯である程度バクテリアの数は減るものの、実際行う際に、お湯が十分に高温でないことが多いとか。

2007年に農務省が行った調査研究によると、スポンジを通常の食洗器のサイクルで1回洗う、もしくは電子レンジに濡れたスポンジを60秒入れると、バクテリアはほぼ100%低下したとのこと!火花が出てしまう金属や、溶ける可能性のある素材などに注意し、発火しないように十分に濡らしておく必要がありますが、かなりの有効性があります。

レモン汁や漂白剤に浸けたりなどの方法では、37~87%の低下にとどまったとのこと。

家の中を清潔に保つため、こまめな掃除など気を使っていても、台所スポンジは盲点だったのでは?

参考:Kitchen Sponge Confidential
http://online.wsj.com/news/articles/SB10001424052702304355104579234243066750618

お役立ち情報[PR]

おすすめコンテンツ