お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 海外旅行

えっ?!「加トちゃんペ」をやったら刑務所行き?日本人の知らないタブー

日本では許される言動も、海外では刑務所行きになることもあります。「知らなかった」ではすまされないナチスに関するタブーな言動を集めてみました。

【収入の話はNG!? 「女子同士の会話でタブーだと思う話題」】

1 「ハイルヒトラー」のポーズ
右手を伸ばして、ヒトラーに敬意と称賛を示すこのポーズ。冗談のつもりでやって逮捕される外国人が後をたちません。ドイツ・ベルリンの国会議事堂の階段でガールフレンドに写真をとってもらおうと「ハイルヒトラー」のポーズをした30歳のカナダ人は、たちまち手錠をかけられ、カメラのメモリーカードを没収されました。

ケルン空港でもイギリスのビジネスマンが車をハイヤーする係に、冗談半分でこのポーズをして、即刻逮捕されています。2人とも「そんなに深刻な罪になるとは知らなかった」とか。最高6カ月の服役になるので要注意!

2 「加トちゃんペ」も非常に危険!
「ハイルヒトラー」のポーズを公にできなくなってから、若者やネオナチの間で広まっているサインがこの「加トちゃんぺ」。鼻下に指をあてて、ヒトラーのチョビひげを象徴するジェスチャー。「ハイルヒトラー」のポーズよりも大目に見られていますが、現に非白人サッカー選手に対し人種差別の意を示そうとしたドイツ人男性が「加トちゃんぺ」をして起訴されたケースもあります。

違法となるのは、ドイツ憲法に敵対的なシンボル(言動や無言の行動も含む)とされるもの。ドイツ以外の他の欧州諸国でも挑発的に受けとられ、ドン引きされる可能性があるので冗談でもやめておいたほうがよさそう。

皆から愛されている加トちゃん!加トちゃんのファンの皆さん!ドイツに旅行するときは、気をつけてくださいね。

参考:Tourist Arrested for Giving Heil-Hitler-salute in holiday photo outside Reichstag.
http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/europe/germany/8350593/Tourist-arrested-for-giving-Heil-Hitler-salute-in-holiday-photo-outside-Reichstag.html

2013年10月16日、10月21日一部文章を訂正いたしました。

お役立ち情報[PR]