お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
ニュースなどを見ても、日々沸き起こる将来への不安。いったいどんな理由で、みんな不安に襲われるのでしょうか。そして、その不安に対して行っている具体的な対策法は? 働く約300名の未婚女性にアンケートを実施したところ、その結果はやはり現代の様々な問題が浮き彫りになっているようです。
雑学 マネープラン

未婚女性の8割が感じている将来への不安。2位は「自分の老後」、1位は……?

「結婚」「仕事」「老後」etc……不安が募る未来の自分

graph01

 

graph01

 

今回のアンケートの結果、8割以上の人が、将来について不安を感じたことがあるという結果が出ました。その不安の内容としては、「結婚」は6割以上、「自分の老後」と「仕事」は、6割弱の人が不安を感じているようです。また「貯蓄」や「親の介護・死亡」問題、「出産」についても、多く理由としてあがりました。具体的な意見も深刻なものが多く、「このまま独身だったら老後の心配もあるし、今の仕事を続けられるかどうか」(医療・福祉/専門職/30歳)、「結婚、出産、育児にかかる費用が確保できるか。育児と仕事のバランスが取れるか」(情報・IT/技術職/26歳)、「将来、少子化を迎え将来の日本の市場が減るので所得も減りそうだから。年金も期待できません」(建設・土木/事務系専門職/26歳)など、現代の社会が抱える大きな問題が浮き彫りになった回答が多く目に付きました。

graph01

 

その不安に対しての対処法としては、「結婚や経済は自分だけではどうにかできることではないから、会社の財形を利用して貯蓄を始めた」(その他/その他/34歳)、「独身のうちに1000万円は貯蓄をしておくこと」(学校・教育関連/専門職/25歳)など、「貯蓄・財形」をしている人がやはり多く、そのほかには、「一生役に立ちそうな資格を今のうちに取得する」(医療・福祉/専門職/31歳)、「将来のために、今の仕事を頑張っています」(医療・福祉/専門職/31歳)など、仕事に集中し、スキルアップを目指す方法も見られました。また、「健康に関しては、日々の治療や食事等への投資を惜しまないようにしてます」(金融・証券/営業職/23歳)、「健康のため、ストレス発散のため、運動不足解消のために、週に1度はジムに行き汗を流すようにしている」(金融・証券/専門職/35歳)など、健康維持に努める人も。確かに年齢を重ねていく中で、健康であることはとても大切ですね。これは、「貯蓄」と同じく若いころからの日々の積み重ねが大きく後に影響してきますので、出来る人は少しずつ始めてみてはどうでしょうか。

反対に不安がないと答えた人の中には、「わからないことに不安になっても仕方がない」(商社・卸/秘書・アシスタント職/26歳)といった方や、「将来は自分の力で切り開くと決めているから」(アパレル・繊維/販売職・サービス系/31歳)と答えた人も。困難があっても、その度に対処をしていくという自信をつけて、不安を産まない努力をすることも大切かもしれません。


【次ページ】 結婚はしたいけど、何も行動したくないが6割も!?

お役立ち情報[PR]

おすすめコンテンツ