お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 ボディケア

知らないとまずい!肌を傷める7つの行動「唇なめる」「熱いお湯」「枕カバー」

季節の変わり目はホルモンバランスが崩れやすくなり、お肌も荒れがち。美女子はお肌のお手入れに精を入れているけれど、やってはいけない事をうっかりしてはいませんか?どんなにお肌のお手入れをしていても、こんなことをしていると意味がない!そんな「絶対にしてはいけない」美肌のための7カ条をご紹介。

1. 日焼け
美肌女子であれば、紫外線を防ぐのはもはや常識中の常識。紫外線の強い夏が近々やってくる。日焼け止めも、お肌にあったものを選ぼう。

2. ボディスクラブやピーリングのしすぎは厳禁!
最近ではスクラブ効果のあるボディソープや洗顔料やバスソルト、そして余分な皮脂を浮かせてくれるクリームやシートが豊富に販売されている。どうしても肌に刺激を与えてしまうスクラブは、週に2回以上は絶対にしてはいけない。もちろん、肌に赤みが出てしまう肌タイプの女子は、スクラブ自体をあきらめるべきだ。

3. 美肌ゴールデンタイムにメイクをしていてはダメ!
基本的に、メイクは長時間であればあるほどお肌に悪い。美のゴールデンタイムと言われる夜10時から朝3時は肌も敏感になり、肌呼吸がさらに重要になってくるそうだ。美肌でいるために、この時間帯のメイクはぜひとも避けたい。

4. 唇なめちゃダメ!
乾燥する季節になると、どうしても唇をペロッとなめたりかんだりしてしまう。しかし、これは思った以上に唇に悪いことなんだそう。むけてしまった唇の皮をそのままにしておくと、唇はますます乾燥してしまうからだ。皮を唇が荒れてきたらすぐにリップスクラブで余分な皮をはがし、リップクリームを塗るのがベストだ。

5. デコルテ部分の放置はダメ!
皮膚科医によると、デコルテ部分は顔よりもエイジングが早く進むのだそう。デコルテ部分がたるんでしまったりすると、もちろん顔の皮膚も引っ張られて一気にふけ顔になってしまう。顔だけではなく、デコルテ部分のスキンケアもしっかりと行った方が良い。

6. 熱いお湯は使っちゃダメ!
洗顔で起こる乾燥は、毎日の事なだけに常に意識しておきたい。乾燥を防ぐクリームなども大切であるが、その前に頭に入れておかねばならないのがお湯の温度だ。熱いお湯で洗顔をすると、顔が必要とする皮脂が溶けてしまい、一気に乾燥肌となってしまう。ぬるめのお湯で洗顔することをお勧めする。

7. あなたの枕カバーやメイクブラシは大丈夫?
顔を洗う洗顔料はしっかりと選び、顔に塗るクリームやファンデーションもバッチリ。では、毎日使っている枕カバーやメイクブラシは大丈夫?肌に毎日触れる物には皮脂が付いており、その皮脂はバクテリアの大好物なのである。もしかしたら、あなたもバクテリアだらけの物を毎日使っているかもしれない。頻繁に洗うことを心がけたい。


参考:Bad Skin Care Habits
http://www.alive.com/articles/view/23796/10_bad_skin_care_habits

お役立ち情報[PR]