お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 ライフ全般

シチューをご飯にかける? かけない? 人に驚かれた「食べ方の組み合わせ」

目玉焼きにソースをかけたときに、「目玉焼きには醤油でしょ!」と言われたことがあります。そんなの個人の好みなんだからいいじゃない……と思いつつも、指摘されると気になるのが人のサガ。他人に理解されがたい(?)変わった組み合わせの食べ方について、調査してみました。






■○○に砂糖
「彼氏の家で、納豆に砂糖を入れて食べていたら『ありえない!』と言われました。私の実家では朝食によく出てきたのに……。味覚のちがいから、けんかが勃発しました」(28歳/アパレル)
「会社で小腹が減ったとき、お弁当に持ってきたトマトに砂糖をまぶして食べていたら『何かけて食べているの!?』と驚かれました。たまたま居合わせた上司が賛同してくれましたが、人によってちがうんだなあと実感」(26歳/IT関連)


味覚のちがいというか、認識のちがい? 私は東北出身ですが、実家ではトマトに砂糖をかけて出されるときもあります。個人的にはドレッシングやマヨネーズで食べるほうが好きですが……。


■ご飯に○○
「我が家ではご飯にシチューをかけてカレーと同じように食べるのですが、会社でその話をしたら『シチューにはパンだ』と。ご飯にシチュー、変でしょうか?」(27歳/公務員)
「関西出身ですが、地元ではお好み焼きはおかず。上京して自宅でお好み焼きパーティをしたとき、白米を出したら友だちに『炭水化物に炭水化物を合わせるの!?』と驚かれて、びっくり」(26歳/美容師)


日清フーズが2009年に調査した結果によると、関西では4割以上が「お好み焼きはおかず」と認識しているそうです。「4割以上」という数字が表すように、大阪出身の知人に聞いたところ「みんながみんなそうではない」とのこと。地域によってもちがいがあるのかも? ……というか好みの問題?


■カラシをつけるかつけないか、それが問題
「後輩の女子社員にコンビニで肉まんを買ってきてもらったときのこと。『カラシいりますか?』と聞かれてクエスチョンマークが頭に浮かびました。関西出身のその子曰く、地元のコンビニでは肉まんにカラシをつけてくれるのだそう。聞いたことがなかったので驚いた」(31歳/IT関連)
「冬においしいおでんはカラシがあってこそと思っていましたが、彼氏は『おでんのまろやかな甘みを打ち消そうとする存在はありえない』と。価値観の不一致」(28歳/福祉)


カップルであれば、食べものの好みが一致するかしないかってけっこう重要ですよね。


自分が当たり前だと思っている組み合わせも、ほかの人からしたら意外なものもあるのかもしれないですね。実家で普通に出されていたら、知らず知らずのうちにそれが習慣になっているもの。「ほかの人に理解されがたいけれど自分は好き」という、変わった組み合わせの食べ方はありますか?


(栗本千尋+プレスラボ)



■関連リンク
【働く女子ランキング】最高だと思う「食べ物の組み合わせ」って?
【働く女子の実態】ピリ辛×マヨネーズは最強? 「ご飯に一番合うおかず」
【働く女子の実態】男性の胃袋をつかむには? 彼が喜ぶ「オリジナル丼のレシピ」

お役立ち情報[PR]

おすすめコンテンツ