働く女子の実態

好きになりすぎない? 「モテる彼氏とうまく付き合う方法」

Update : 2011.07.29
働く女子の実態

人当たりのよい彼、仕事ができる彼、イケメンの彼、おもしろい彼、気遣い上手の彼……。魅力がある男性と付き合うのは楽しいけれど、モテる彼だからこそ心配になってしまうことってありますよね。モテ男と付き合った経験のある女子たちに、彼とうまく付き合うコツを聞いてみました。






■嫉妬しない(27歳/広告)
「社内でも有名な、モテる彼と付き合っています。最初は彼が女の子から誘われたり、悩み事を打ち明けられたりしているたびにやきもきしていたけれど、2年経った今では何も気にしません。イイ男には女の子が寄って来るのは当たり前。疑心暗鬼になるといいことがないので、嫉妬心を封印して『私が本命なんだから気にしない!』と堂々としていることでお付き合いがうまくいっています」


やきもち妬きの人がモテ男と付き合うのはひと苦労? ある程度の「割り切り」ができないと、相手もうんざりしてしまうかも。でも、その気持ちの切り替えが難しいんですけどね。


■チヤホヤしない(26歳/美容)
「自他ともに認めるイケメンの彼。今までチヤホヤされてきたからなのか、気が利かなかったりする部分も多くて……。彼の過去の彼女たちと一緒にされないためにも、言いたいことはハッキリ言って、ダメだと思う部分は注意しています。彼自身も『悪いところを指摘してくれる、キミみたいな彼女がいい』って言ってくれています」


チヤホヤされまくってきたモテ男は、案外主導権を握られることに弱いのかも。


■競い合わない(24歳/金融)
「以前付き合っていた彼はモテる人だったので、私も自分に自信が持てる魅力的な女性になろうと奮闘。気がついたら、『私はこんなに努力してる』ってことをアピールしすぎていた。彼は今、自然体な雰囲気の美女と付き合っていて、『当時の私は肩に力が入りすぎていたのかも。いつの間にか大好きな彼と競い合っていたのかも』と反省しています」


モテ男にはモテ男なりの苦悩がある(のかも)。恋人にとって心地よい存在でいる、という大前提を忘れてはいけませんね。


■好きになりすぎない(27歳/アパレル)
「彼はイケメンではないけれど、社交的で女友だちの多い人。付き合いはじめたころ、デートをドタキャンされたり、連絡がつかなかったりすることも多かったけれど、私は『別にいーよー』って感じでした。実は当時失恋直後で、そこまで彼に執着心がなかったんです。ドタキャンされても連絡がつかなくても気にしない私に彼は興味を持ったみたいで、今は同棲中ですが、1日私が家にいないだけでも何度も連絡が来ます」


彼の前に付き合った彼のことは「好きになりすぎて追いかけまくってしまった」という彼女。出会う順番が逆だったら、結果も変わっていたのかも。


モテ男とうまく付き合う方法を紹介しましたが、話を聞いているうちに、彼がモテ男ではなくても気をつけたいポイントのような気がしました。惚れ込んでしまえば、彼は自分にとってのモテ男。振り回されず、適度な距離を持って付き合わないと、相手を束縛してしまいますよね。


(桜まゆみ+プレスラボ)



■関連リンク
【働く女子の実態】モテると思ったら勘違い? モテテクの落とし穴
【働く女子の実態】「イケメンは人気者!」は勘違い!? 「イケメンが苦手」な理由
【escala恋愛白書】モテ期きた?

お役立ち情報

新着情報

一覧を見る