お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 ライフ全般

仕事をし続けるのは実は能率が悪い? 「忙しいときにこそ、あえてやること」

仕事が忙しいと、プライベートを含めてさまざまなことが後回しになってしまいがち。でも、延々と仕事だけをしているとストレスもたまってしまうもの。あえて休憩時間を取ったり、プライベートを楽しむ時間を作ったりしたほうが仕事の効率が上がる場合も多々あります。「忙しいときにこそ、これをやると落ち着く」ことについて聞いてみました。






■こった夕食を作る(28歳/広告)
「残業も多く、持ち帰りの仕事が多いときはつい外食ですませがちでしたが、最近はできるだけ夕食を作るようにしています。材料を切ったり煮込んだり、味つけしたり、という過程を踏んでいるうちに、気持ちが落ち着いてきます」


おいしいものができあがると充実感もあるし、なにより、働くパワーになるのだとか。後片付けに時間がかからないよう、できるだけ使う食器や調理器具を減らすと、食べ終わったあとも億劫にならないのだそう。


■掃除・片づけ(30歳/建設)
「忙しいとついデスクが散らかしっぱなしになるかと思うんですが、片づいていないと能率が悪くなるもの。忙しいときほど、掃除・片づけはマメに。デスクが片づいていると、集中力も増します」


デスクが散らかっている人は、パソコンのデスクトップも散らかっている場合が多いのだとか。整理整頓すると、頭の中もスッキリする気がしますよね。


■友だちと話す(25歳/医療関係)
「友だちとごはんを食べに行ったり、電話をしたりします。気分転換にもなるし、忙しいときに友だちと思いっきり喋る時間って、すっごく楽しくて充実した気分。メリハリがつきます」


時と場合にもよりますが、「話す時間がないから」とメールのやり取りをするより、思い切って会って話すほうがリフレッシュできるのかも。


■通勤は自転車で(24歳/教育関連)
「時間はかかるけれど、自転車のほうがいい気分なので続けています。忙しいときって無意識のうちに体が強張っちゃうことがあるので、体を動かすことでスッキリ。一緒に頭の中もほぐれるように思います」


自転車以外に、ウォーキングやジョギングをするという人も。体を動かすとリフレッシュになりますよね。


また、忙しいときは単純作業が頭を無にできていい、という人も。
「鍋磨き。ピカピカになるまでやり続けると、終わるころには、頭の中もスッキリ」(28歳/化粧品)
「家計簿をつける。無心になれる」(30歳/制作)
「ていねいに顔のマッサージ。忙しいと肌もくすんでしまって鏡をみるたびにストレスになるので」(27歳/アパレル)


仕事、仕事! とまい進するのも素敵ですが、そればかりだと視野も狭くなってしまいます。ちょっとだけ仕事から離れてみることで、意外と頭も心もスッキリするかもしれません。忙しいとき、あなたがやっていることはありますか?


(ふくだりょうこ+プレスラボ)



■関連リンク
【もっと減る!?】「残業時間DOWNテク」診断
【働く女子の実態】忙しい朝のメイクの優先順位は? 「手抜きメイク」事情
【働く女子の実態】仕事が忙しいときの、働く女子的「ランチ時短術」

お役立ち情報[PR]