お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 恋愛全般

押しに弱いんじゃなかったの? 女子が目撃した「草食男子の意外な一面」

最近、「草食男子だと思って強めにアピールしたら逃げられた」という話をよく聞きます。見た目、雰囲気、性格、はたまた彼の自己申告によって、「この人は草食男子なんだ」と思って接していくうちに出てくるさまざまな違和感や誤解。彼らは結局、何者なの? 「草食男子」というフレーズの罠について調査してみました。






■草食の本音を見ちゃった(メーカー/29歳)
「会社の後輩は、いつもニコニコとやさしくて、超癒し系の加瀬亮似。社内には、積極的にアプローチしている女子がたくさんいます。でも私、実は彼の本音を知っているんですよね。たまたまプライベートで飲んでいたとき、近くの席に男友だちと飲んでいる後輩の姿が。彼、『俺、一見草食っぽいから、押しに弱いと思われてすごく押される……でも本当は追いかけたいんだよねえ』って……。あーあ」


「草食っぽく見えるから誤解されがちだけど、実はちがう」っていう男子はけっこういるのかも。でも、むしろそのギャップがいいかも……なんて。


■決めつけたらダメ(28歳/金融)
「以前好きだった彼は、ご飯に誘うと断らずに来てくれるけれど、食べたら即解散。でも去り際に『また誘ってね』とひと言残していくような人。友人の誰に相談しても『草食男子なんだね』というので、ちょうどいい距離を保てるように細心の注意を払っていたんですが……。たまたま友人に彼と親しい人がいて探ってみたところ、私と同時期にデートしていた人がいるらしく、しかもいつも彼から誘っていると聞いて大ショック。なかなか距離が縮まらない不安を、『草食だから』などと決めつけていたからダメだったのかな」


草食だと決めつけていたら、単に自分に興味がなかっただけ……。認めたくない現実です。


■それは草食ではなくて……(23歳/証券)
「3年間彼女がいないという、自他ともに認める草食男子。自分でも『女性に積極的になれない』と嘆いていたので、『じゃあこっちからいけばいいのね!』と思いアピールしたら逃げられました。そんな彼に最近彼女ができたらしく、馴れ初めは『彼がひと目惚れして猛アピールした』とのこと。彼は草食男子だったわけではなくて、単に『自分から押したくなるほど素敵な女性に出会えていない状態』なだけだったみたいです……ちっ」


こちらの場合、本人も自分を草食男子だと思い込んでいたケース。運命の人に出会って彼は肉食だった自分を取り戻したのでしょうか?


次は、自分から「草食男子」と名乗る男子たちのエピソード。どうも自己申告する男子にはさまざまな疑問符が浮かび上がってくるようで……。


■バブル世代の自己申告(25歳/マスコミ)
「46歳の、某番組プロデューサーの男性とデートしたときのこと。いわゆるバブル世代だから、どんな肉食系かと思いきや、バーで突然『僕って実は草食男子だからさ』と告白(?)。もしあまりに押されたらどうしようと考えていたので、ちょっとほっとした矢先、帰りのタクシーで突然手を握られ、『今夜は一緒にいよう』の猛攻撃! 草食男子って言えば油断するとでも思ったのか!」


自分で言ってくる時点でかなり怪しいですね。でもちょっと笑えてしまうエピソード。


■草食男子は隠れみの?(26歳/広告)
「合コンの際の自己紹介で『草食男子の○○です(笑)』と満面の笑顔で話しはじめた男性。確かに、自分から話をするわけでもなければ人に話も振らず、同性にも異性にも気遣いを見せず、何から何まで受け身な人でした。積極性のなさが草食男子っぽいけど、彼の場合ただサービス精神がないだけではと思ってしまった」


筆者も似たタイプの人に出会ったことがあります。何かにつけて「草食男子だから」と言い訳してしまう人。その厚かましさは、少なくとも草食男子のソレではないですよね。


草食男子と呼ばれることを嫌がる人がいる一方で、自己申告で草食男子を名乗る人も。一口に「草食男子」と言ってもさまざまなタイプがいますよね。「自他ともに認める草食男子」であったとしても、決めつけすぎると意外な落とし穴があるのかもしれません。


(小野田弥恵/プレスラボ)



■関連リンク
【escala恋愛白書】草食男子と付き合うのはあり? なし?
【働く女子の実態】男性に強引に来られると引く!? 「草食系女子」の恋愛事情
【働く女子の実態】「私って肉食かも!?」と思ってしまった瞬間

お役立ち情報[PR]

おすすめコンテンツ