お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 恋愛全般

「料理男子」を彼氏に持つ女子が増加中? 働く女子が「料理男子」に思うこと

「男を落とすなら胃袋をつかめ」なんていう定説(?)もありますが、ちまたでは料理をする男性も増えてきていますよね。「彼氏のほうが彼女よりも料理をする」というカップルもチラホラ。いわゆる「料理男子」を彼氏に持つ彼女たちに話を聞いてみました。






■越されそう!(28歳/美容師)
「付き合って間もないころは、塩と砂糖をまちがえることなんてザラだった彼氏。同棲をはじめてから、料理をする際に彼を盛りつけ係に任命してみました。それから料理に興味を持ち出したのか、料理本を購入して自ら料理をするように。私の帰りが遅い日は、ばっちり晩ご飯を作って待ってくれています。回数をこなしていくうちに上達して、かなり本格的に。いまや“私よりうまいのでは……?”というレベルになりつつあって、少し焦ってます」


盛りつけをお願いしたのは単なる思いつきだったそうですが、結果的に料理に興味を持ってくれたのはラッキー? 彼、今では餃子も皮から手作りするのだとか。恐るべし!


■疲れにしみいる味(25歳/飲食店勤務)
「勤務先である飲食店の店長兼シェフと付き合っています。仕事終わりに、『お疲れさま』と言って作ってくれたおにぎりと味噌汁が、最高においしくて感動! 『胃袋をつかまれるってこういう感覚なんだ』って妙に納得しました」


おにぎりと味噌汁。どちらも作り方は簡単だけど、手作りのおいしさをもっとも感じる食べ物のひとつかも。


■私が料理上手ってことでお願いします(25歳/一般事務)
「料理好きな彼氏は、私のぶんも毎朝お弁当を作ってくれます。中身は色鮮やかで、かわいいデコ弁当。『今日はどんなお弁当なの!?』と、一緒に昼食をとる同僚にチェックされるほどの代物。でもここだけの話、彼氏が作っているということは同僚には内緒にしています。みんな私が料理上手だと思っているので、作り方を聞かれたりするとごまかすのが大変!」


料理上手な彼氏がいるだけでもうらやましいのに、料理上手の地位まで得ているなんて! 会社の人たちに料理を披露する機会ができたとき、ボロが出てしまわないかが心配です……。


■お皿は物語る(23歳/営業事務)
「みんなで集まって飲み会をしたとき、それぞれが手料理を披露することに! 彼氏の作った料理が意外なほどおいしくて、惚れ直しました。皿にのった料理は、どんどんみんなの口に運ばれ、賛辞を浴びる彼。一方で、私の作った料理はなかなかなくならず……。負けた感じがしてショックでした」


みんなの正直な気持ちが、お皿にあらわれているようで……。惚れ直すと同時に、心が痛くなるという経験をしたのだそう。でも、これがきっかけで料理をお母さんに教えてもらうようになったそうなので、いいきっかけかも!?


料理上手な男性の話を聞いて、キャベツを千切りしただけでも「料理」と呼んでいる自分を反省しました……。いや、でももうこの際、こういう彼氏を見つければ! なんて言っているから、料理が上達しないんでしょうね……。


(栗本千尋+プレスラボ)



■関連リンク
【20代女子ランキング】次に来ると思う○○系男子
【働く女子の実態】現代の男の心をつかむ料理って何?
【働く女子の実態】料理上手と料理が苦手な女子のちがいは……

お役立ち情報[PR]

おすすめコンテンツ