お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 仕事全般

異動になった! 新しい環境でまず「すべきこと」とは?

春は出会いと別れの季節。この春から環境が変わる人も多いかと思います。仕事を覚えるのは当たり前だけど、新しい環境でうまくやっていくために必要なことはほかにもいろいろ……。何度か異動や転勤を経験した女子が思う「環境が変わったらまずするべきこと」ってどんなこと?



■「『前の職場は○○だった』という考えは捨て去るべし!」(29歳/宝飾)


「同じ会社内であったとしても、部署などによって仕事のやり方には違いが出てくるもの。異動してきて、『前の職場ではこうだったんですけど』と主張をする人は、まわりに面倒くさがられてしまいます。異動先の新しい環境・やり方に順応すべく、前の職場で得た固定観念は捨て去るべし!」


せっかく今までのやり方を覚えたのに、また新しいやり方で覚えなくちゃいけなくて……。でも、「今までのやり方よりいい!」と思えるものならラッキーですよね。


■「とにかく早く名前を覚える!」(26歳/広告)


「コミュニケーションをスムーズにするためにも、仕事を早く覚えるためにも、人の名前を覚えるのはかなり大切なこと! 全員の机の位置と名前、特徴を書き出して、家に帰って復習します。『ガチャピンに似ている』とか特徴も合わせると、自然と覚えられます」


ちょっとしたことを聞きたいときに、名前が出てこなかったら大変! 同僚の少ない職場なら覚えやすそうですが……。


■「要注意人物を見極める」(28歳/化粧品)


「タイプは違っても、それぞれの職場での『要注意人物』って絶対存在するものだと思います。異動が決まった時点で異動先の要注意人物に関する情報を集めて、異動後にもリサーチは欠かさない! 要注意人物とのお付き合いがこじれなければ、全体的な人間関係もまあまあうまくいくものではないかと思います」


いつ異動になっても安心なように、情報を仕入れるリサーチ力と、細かいところも見逃さない観察眼を磨いておくべき!?


■「暗黙のルールを聞き出す!」(27歳/食品)


「話しやすい同世代の同僚を見つけて、細かい部分の職場のルールを聞き出す。服装、仕事のあがり方、出社時間……などに関して、その職場の暗黙の『ルール』っていうのが存在している可能性があるので」


「そんなことにもルールが!」と思ってしまうような暗黙のルールがあったりするもの。ていねいに教えてくれる同僚が見つかればラッキー!


仕事をスムーズに進めるために、やるべきことはたくさん。異動してから環境になれるまでの期間はバタバタと時間が過ぎていってしまいそうですが、うまくやっていくための心がけは忘れずにいたいものです!


(桜まゆみ/プレスラボ)



■関連リンク
【escala仕事白書】上下関係厳しい?
【働く女子の実態】マナーでわかる!? 仕事のできる女のマナーとは
【20代女子ランキング】「人事異動を願い出たくなるとき」ランキング

お役立ち情報[PR]

おすすめコンテンツ