お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 仕事全般

自己紹介、履歴書で使える!? 働く女子たちの特技とは?

合コンの自己紹介で、ブログのプロフィール欄で、就活の履歴書で……。様々な場において「あなたの特技は?」という質問は、意外とよく投げかけられるもの。ひとつでも胸を張って答えられるモノがあればいいけれど、現実にはそうもいかないようで、エスカーラの300人アンケートによると、「特技がある」20代女子は全体の34%。そんな少数派の「技アリ女子」たちの特技とは一体、どのようなものなのでしょうか?



■「書道が上手い。今すぐ開業できる」(27歳/情報・IT/経営・コンサルタント系)


字が上手なこと自体も羨ましいですが、これほどの自信が持てるまで技を極めたという事実こそが、何より羨ましい!


■「キーボードのタッチタイピング。ネットで8000人中20位だった」(27歳/学校・教育関連/事務系専門職)


履歴書には思わず大きな文字で書きたくなるくらい、仕事で活躍しそうな特技です。


■「初対面の人とでもすぐに話せる」(27歳/アパレル・繊維/事務系専門職)


こちらは履歴書の特技欄に書くにはやや「性格的要素」が強い気もしますが、人生における実用性はNo.1かもしれません。


■「カラオケのモノマネ。みんなから、顔を見なければそっくりと言われる」(27歳/通信/販売職・サービス系)


これから年末年始にかけて、披露の機会も増えるはず! 商売道具(?)の喉を大切にして下さいね!


■「箸の豆つかみ。かなり早業です」(27歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)


器用な箸使いは年輩の方や男性からのウケが良いだけでなく、外国人の前では一芸としても使えるかも……。


■「1円玉より小さい鶴を折ることが出来る」(26歳/機械・精密機器/事務系専門職)


さらに上を行く、外国人が手を叩いて感動してくれそうな器用技です。ただし、合コンや面接のネタにするには、若干シブすぎ……? なんて、人の特技にケチを付ける気は全くないのですが!


続いて、さらに個性的な特技は続きます……。


■「ベッドに入ったら3秒で寝られる。毎日そうやって寝ているので、相当なレベルだと思う」(27歳/金融・証券/事務系専門職)
■「ホールケーキをひとりで食べ切れる」(24歳/小売店/販売職・サービス系)
■「人の血液型を当てられる」(28歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)
■「麦茶を作ること」(27歳/商社・卸/事務系専門職)


個人的には、最後の方の淹れる麦茶について大変気になりました。




こうした女子たちの特技を知るうちに、自分の日常生活の中にも何か「特技」と呼べるものがありそうだと気付き始めた方もいるのでは? たとえ履歴書には書けなくても、すべての人には自慢できなくても、「私ってここがスゴイ!」と思えるものを胸に持っていることは喜ばしいことであるはず。だからこそ、「他人には言えない特技」なんて言葉もあるのでしょうね。


(つくしの万葉/プレスラボ)



■関連リンク
【20代女子ランキング】今、「もっと○○しておけばよかった」と後悔していることは?
【働く女子の実態】合コンで起きた珍事件
【escala仕事白書】呑み会で一発芸したことある?

お役立ち情報[PR]

おすすめコンテンツ