お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 働き方

「恋バナ厳禁」? 20代女子が新人時代に学んだ職場のルール

働いてみて初めて知った「社会人の新常識」。身に覚えのある人も多いはず。マナーの本や講習会で勉強することも出来ますが、やはり会社で実際に働き始めないと分からないルールもたくさんありますよね。就職したばかりの頃に知ったルールって、どんなものがありますか?



■「会社は、働き過ぎてはいけない。月に一度は有休を取ることが必須で、残業が続くと怒られる。仕事の進行上、残業したいときもあるんですけど……」(26歳/保険)


会社によってはかなり厳しく制限されている就業時間数。一定時刻になって強制的に電気が消された社内で、パソコンに向かっている人影がここにも、そこにも……なんてホラーのような話も聞いたことがあります。


■「独身の先輩が多い中で、彼氏ネタに繋がりそうな話はしない。『伊豆の貸しきり露天風呂の温泉宿に泊まりに行ってきた』なんて話題は暗黙の了解でNGです」(25歳/銀行)


逆に、人の恋バナを聞くのが大好きな先輩もいますよね。それはそれで、披露出来るネタが本当にないときに苦労するものです……。


■「名刺入れの役目を、ただ名刺を入れて運ぶだけのものだと思っていました。ある日取引先に会う直前に先輩に名刺の渡し方を教えてもらい、その時『名刺入れは名刺の座布団だから、ちゃんと添えるように』と言われ、安っぽい名刺入れを使っていたことを猛烈に後悔しました」(24歳/Web制作)


私も昔、上司から「会社では、洋服や小物も“オシャレ”ではなく“マナー”として選ぶべき」と習ったことがあります。


■「面倒なことこそ、率先して新人(自分)がやらなくてはならないということ。私は学生時代に部活もしておらず、縦社会に慣れていない甘ちゃんだったので、最初は覚悟が必要でした」(26歳/アパレル)


たしかに、新人の頃って「何で私が!?」と思うくらいに色々な雑用を頼まれることも。先輩は先輩にしか出来ない仕事でテンテコマイだったりするから仕方がないんですけどね。




もちろんルールは、会社や場面によって色々、そして無限に存在するもの。でもきっと大丈夫! 誰にだって、何も知らないまま社会人になった過去があるのですから……。入社から約1カ月が経った新卒社員の皆さん、慌てず怯えず、明るい新人時代を過ごせるといいですね♪


(つくしの万葉/プレスラボ)



■関連リンク
【20代女子ランキング】働く女性に聞いた「新人時代の、オフィスでの恥ずかしい失敗」ランキング
【働く女子の実態】20代女子が職場で受けたカルチャーショックとは
【20代女子ランキング】働く女性に聞いた「あなたが新入社員時代に言われて、頑張れたひと言」ランキング

お役立ち情報[PR]