お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 ライフ全般

【働く女子の実態】20代女子の目指す「アラフォー」女性とは?

なぜか年を取るごとに速くなる時の流れ。昨年の流行語大賞は「アラフォー」でしたが、25歳前後の読者が多いescala読者たちがアラフォー世代を迎えるのも、案外あっという間のはず。うーん、まだまだ想像しにくいですが、理想の「アラフォー」像ってありますか?



■「噂話とか、人の悪口を趣味にしない人」(26歳/販売員)


「『人の噂話や悪口が趣味!!』というアラフォーの女性にはなりたくないです。その為にも、年を重ねても没頭できる何かを持っていたい。自分に自信があったら、人の悪口なんかに興味はなくなると思うから」


人の噂話や、悪口ばかり言っている女性って、余計に「オバサン」っぽく見えてしまう気がします。もちろん、何歳でもNGですね。


■「三浦理恵子さんみたいに、いつまでも可愛らしい女性」(24歳/公務員)


「年を重ねても、いつまでも可愛らしさのある女性でいたいです。『メルヘンちゃん』っぽいわけではなくて、年相応の格好や会話の中にも可愛らしさが残っているような女性がいいなと。芸能人でいうと、三浦理恵子さん」


年を重ねるごとに、様々な問題に直面することもあるはず。年相応の経験をした上でも、現実を知った上でも、女性らしい可愛らしさを感じさせる人ってことですね。ちなみに三浦理恵子さんはアラサーとアラフォーのちょうど中間、35歳です。


■「母性あふれる、中身の濃い女性」(28歳/教師)


「予定では、アラフォーの私は子育てに奮闘しているはず。母性あふれる、中身の濃い女性になっていたいです。自分の子どもや家族に対して、惜しみない愛情を注げる女性に憧れます」


こちらは同じ「理恵子」でも、漫画家の西原理恵子さんみたいな女性のことのよう。


■「いつまでも、旦那さんに女として愛されている女性」(25歳/外資系)


「いつまでも2人でデートに出かけるようなラブラブな夫婦でいたい! ので、年を重ねても、旦那さんに『女』として魅力を感じてもらえるような女性になりたいです」


そういえば、知人のアメリカ人男性(既婚)が「ヨボヨボのおばあさんになっても、妻は永遠に僕のアイドルだよ」って言っていたのを聞いたことがあります。うーん、羨ましい。


■「いつも笑っている女性」(24歳/旅行会社)


「恋も、仕事もバリバリこなして、ひたすら毎日楽しく生きている女性になりたい! 人生、楽しくなきゃ意味がないって思うので。いつもニコニコ笑っているような女性になりたいです」


笑顔には免疫力を高める効果があるっていう説もあるっていうし!?




「肉食女子」なんて言葉もささやかれ、女性の「強さ」がクローズアップされる時代。でも、「可愛らしくいたい」、「子どもに愛情を注ぎたい」、「愛されたい」などなどは、いつの時代も何才になっても女性にとって永遠のテーマなのかも? ちょっと世の中を見渡すと、様々なフィールドで輝きを放つアラフォー女性がたくさん。それぞれの理想アラフォー像に向かって、時を重ねていきたいですね。


(桜まゆみ/プレスラボ)



■関連リンク
【20代女子ランキング】20代女子が憧れる「アラサー&アラフォー女性タレント」ランキング
【働く女子の実態】アラフォー世代に見る女の確執……『四つの嘘』で青春時代を悔もう
【20代女子ランキング】働く女性に聞いた「40歳まで独身だったときの過ごし方」ランキング

お役立ち情報[PR]

おすすめコンテンツ