お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 恋愛全般

【働く女子の実態】優しい男性、冷たい男性、あなたが好きなのは?

世の中の男性、もちろんいろいろなタイプの人がいます。でも、恋する女性にとって、時として男性は2タイプだけに見えるもの。それはズバリ、「タイプだけれど冷たい男性」と、「あんまりタイプじゃないけれど、とにかく優しい男性」。ちょっと極論ですが、自分の理想の男性と、自分に尽くしてくれる男性の間で揺れ動いた経験のある女性、結構多いのではないでしょうか。


揺れ動いた結果、どっちが良かったの!? というわけで、エスカーラ世代の女性に聞いてみました!



【「タイプだけれど冷たい男性」派】


「他の予定を優先させてデートをドタキャンされたことは数知れず……。ただ、いざ、デートになるとちゃんと行き先を決めてくれたり、レストランを予約してくれたりとリードしてくれて。普段は冷たくても要所要所で決めてくれるので、我慢しちゃう」(25歳/歯科助手)


冷たい男が垣間見せる「気くばり」に女は弱い!?


「とにかく自分に自信があって、私に対して求めるレベルが高い。たまにすごく疲れるけど『彼の理想に近づかなくちゃ』と思ってしまう私がいる。これぞ惚れた弱み……」(26歳/番組制作会社)


追いかける恋は自分を成長させてくれるもの、かも。


「背を向けられるほど好きになってしまう。逆にべったり好きになられると冷めちゃう。こんなんじゃ幸せになれないとわかりつつも……」(28歳/出版社勤務)

このジレンマは恋愛における永遠の命題のような気もします。


「とにかく仕事一筋で、会うのが月に1,2度のカレ。でも、会うと話していて楽しいし、社会常識から、時事ネタ、雑学まで知らないうちに勉強している感じ。会えないのはさみしいけれど、一番の人です」(27歳/銀行勤務)


会える回数が少ないほど、密度が濃くなったりもするんですよね。




【「タイプじゃないけど優しい!」派】


「デートで行くところ、食べるところ、全部私次第。私の意見を100%聞き入れてくれる!」(28歳/広告代理店勤務)


自分の意見がはっきりしている人にとっては最高のカレ!?


「“今すぐ会いたい”って言うと、いつでもすぐに来てくれる」(24歳/受付)


会いたいときに自分で行くよりも、カレが来てくれるほうが余計にうれしいと思ってしまうのが乙女心です。


「私の話に耳を傾け、愚痴をよく聞いてくれる。前のカレはタイプだったけれど話を聞いてくれない人だったので、はじめはすごく感動した」(26歳/メーカー勤務)


女性の話は退屈……っていう男性も多いけれど、たまには耳を傾けてください!

「一緒にいて楽しそうにしてくれることがとにかくうれしい。前のカレは一緒にいても心ここにあらずだったなあ……(笑)」(24歳/販売)


傷心に染み入るのが優しい男性の行き届いたケアなのかも。




全然タイプじゃなかったのに、その一途な優しさに惹かれて付き合いだすなんていうのもよく聞く話。追いかけたい気持ちとつくされたい気持ちの間を行ったりきたりするのが女性なのかもしれません。あなたの恋愛はどちらのタイプですか?


(中西みほ/プレスラボ)



■関連リンク
【20代女子ランキング】「タイプじゃないけど、付き合えるかも……と思える男子」ランキング
【働く女子の実態】恋愛に乗り出さない男子が増えている!? で、女子はどうすればいいの?
【escala恋愛白書】今まで付き合ってきた彼氏は、年上・年下どっちが多い?

お役立ち情報[PR]

おすすめコンテンツ