お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 ライフ全般

【働く女子の実態】エスカーラ世代が「コレをしないとクリスマスじゃない!」って思うこと!

2008年も残りわずか。街はもう、すっかりクリスマスの雰囲気。みなさんは毎年どんなクリスマスを過ごしていますか? 中には「これをしなきゃクリスマスじゃない!」なんてこだわりを持つ人もいるのではないでしょうか。何かとマイルールの多いエスカーラ世代の、クリスマスだけのこだわりとは?



■着メロはクリスマスソングに。(27歳/保険会社)


「12月になると、着メロは絶対クリスマスソングにします。最近は毎年、マライア・キャリーの『恋人たちのクリスマス』にしています」


クリスマスソングをテレビや街で聞くと、「ああ、もうそんな時期か」とクリスマスの到来を実感します。


■七面鳥の丸焼きを食べる。(25歳/営業)


「クリスマスの夜は毎年家族で七面鳥の丸焼きを食べます。小さい頃からの習慣なので、これをしないとクリスマスな感じがしません」


七面鳥って、クリスマス以外にはあまり食べる機会がないですよね。


■家の外壁をイルミネーションで飾る。(26歳/デザイン会社)


「実家住まいですが、毎年外壁をイルミネーションで飾ります。毎年同じじゃつまらないので、秋頃からどんなイルミネーションにしようか考えるのが楽しみです」


疲れているときも、きれいなイルミネーションを見ると癒されます。


■地元の仲間で鍋パーティーをする。(24歳/派遣)


「クリスマスの夜は、毎年地元の仲良しグループで鍋パーティーをします。それぞれの彼氏も参加したりして、わいわいとプレゼント交換もします。仲間内では、『これこそクリスマス!』の恒例行事です」


すごく楽しそう! 鍋ってところが日本式クリスマスですね。


■ケーキを作って家で食べる。(28歳/事務)


「毎年、クリスマスケーキを作って家で彼氏や友達とまったりします。クリスマスになると手の込んだケーキを作りたくて、張り切ってしまいます」


お店はどこも混んでいるし、家で過ごすのもまたいいですよね。


20代女子のクリスマス。それぞれ素敵な1日を過ごしているよう。小さな頃は、「サンタクロースが来てくれなきゃクリスマスじゃない!」と思っていた女子たちも、今は自分なりのクリスマススタイル(?)を確立しているのかも。今年のクリスマス、みなさんはどのように過ごしますか?


(桜まゆみ/プレスラボ)



■関連リンク
【働く女子の実態】漫画から高級ディナーまで。働く女子の嬉しかったクリスマスプレゼントって?
【働く女子の実態】働く女子に聞く! 心に残るクリスマスエピソードを教えて!
【今年は最高の聖夜が!】“好印象テク”診断

お役立ち情報[PR]