お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 ライフ全般

【働く女子の実態】働く女子がやってしまった! 携帯メールの失敗談

携帯のメール機能。みなさん活用していると思います。だけど便利になった反面、ちょっとした失敗やハプニングもあるはず……? 今回は、「携帯メールにまつわるハプニング」を働く女子に聞いてきました。

■友達に送ろうとした彼氏の愚痴のメールを、間違って彼氏に送信。(24歳/アパレル)

「『うちの彼氏、付き合ってからどこにも連れてってくれないよー。お出かけに誘っても断られるし。もしかして、釣った魚にエサをやらないタイプ!?(笑)』というメールを友人に送ろうとしたら、間違って彼氏に送信してしまって。すぐ気づいて慌ててたら彼氏から『そんなつもりはなかったんだけど……友達にそういうこと言うなよ……』と凹んだ電話が。軽い気持ちで言ったつもりが彼を傷つけてしまって、とにかく謝りました。でも、その次の休みにはディズニーランドに連れて行ってくれましたー♪」

メールの中に名前が出てくる人に、間違って送信しそうになった経験がある方も多いのでは? 危険ですね。気をつけましょう!

■予測変換機能のせいで、なぜか「○○○○」。(27歳/制作会社)

「同期とメールをしていた時。話の途中で、『セックス頑張ったの?(笑)』というメールが入ってきました。何かと思って自分の送信メールを確認すると……『○○の仕事、一部修正してくれって言われたよ。セックス頑張ったのにー。ちょっと残念。』……と。正しくは『せっかく頑張ったのに』です。予測変換で打ち間違えたとしか思えませんが、予測変換になぜ『セックス』が出てきたのか自分でもわかりません(笑)」

真面目な話の最中に、これは恥ずかしかったでしょうねー。だけど、スルーされるよりツッコミを入れてくれる相手で良かったと思います(笑)。

■(笑い合う)連発。(25歳/化粧品会社)

「私、面白いメールの内容には(笑)をすぐ使いたくなるのですが。それが全て(笑い合う)になっているメールを送信してしまったことがあります。『お疲れー! 今日はほんとウケたわー!(笑い合う)○○ちゃんは、ホントいつも笑わせてくれるね。(笑い合う)カラオケでのノリは誰にも真似できないねー。(笑い合う)また飲みに行こう☆』……という具合に。酔っ払って送ったメールなのですが、朝そのメールを見て……笑いました。」

(笑い合う)って、妙に平和な響きです。1本のメールに3つも(笑い合う)が入っていたら、間違いだと思うよりも(笑)の新しいバージョンの表現なのかと思ってしまうかも。

文字の打ち間違いや、変換間違い。友達へのメールなら笑って済ませてもらえるけれど、仕事のメールだったらちょっとマズイですよねぇ。使い慣れた携帯だとなおさら油断してしまいがち? 大切なメールは、送信ボタンを押す前にもう一度確認! しておいたほうがよさそうですね。

(桜まゆみ/プレスラボ)


■関連リンク
【escala生活白書】携帯電話は、メールが多い派? 電話が多い派?
【働く女子の実態】働く女子もやっちゃってる……かもしれない 男ゴコロを傷つけるメール文例集
【escala恋愛白書】彼との連絡は電話? メール?

お役立ち情報[PR]

おすすめコンテンツ