お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 恋愛全般

【働く女子の実態】働く女子のだめんず体験談

「ちょっとくらい嫌なことがあっても、大丈夫! だって、私たち愛し合ってるんだも〜ん!」なんてくらいラブラブなときはいいですが、気持ちが冷めた時や別れた時に気付く「あいつはもしや“だめんず”だったのでは……」という疑惑……。「今思い返せば、あんなことも、こんなことも、そんなことも、あ゛ー!」なんていう、だめんず体験ありますか? 働く女子にはこんなだめんず体験があったようです。

●5歳も上で年収も倍あるのにほぼ割り勘。有り得ない!

お金がある人ほどケチだったり……。
その他にも金銭感覚のズレを感じさせるエピソードが。

●給料を全部つぎ込んだ上、友達に借金してまでスロットにはまっていた男と付き合っていた。

自分にとばっちり(=「お金貸して」と泣きつかれる)がこなければ……っていう問題じゃないですよね! 金銭感覚のズレの問題は根深いです。

●顔を洗って! と人に洗わせる。当時も嫌々洗っていたが、今思うと気持ち悪い。

今まで家族に洗ってもらっていたのでしょうか……。

●いつもいつも「何で俺みたいな男と付き合ってくれるの」と聞いてくるうじうじ男! 初めの頃は「あなたは駄目なんかじゃないよ」って言っていたけど、さすがに毎日ともなるとうざかった。駄目じゃないって否定してもらいたいの?

多分、否定してもらいたいんです。

●暴力を振るう男と付き合いました。その時は別れられなかったりするんですよね。

暴力を振るった後の異様な優しさにコロっときてたりして。

●友達の元彼はロンブーの番組に出演し、違う女とリングでマイクを投げ合っていた。

間接的に知る別の彼女の存在……。お気持ちお察しします。

●大事なことはメールでしか言えない男。

確かに、あなたのその口からきちんと伝えて欲しい!


なんていいつつ、私も大事なことはメールでしか言えない女。「もう! 別れる」「わかった」なんてやり取りをメールでして別れた経験アリ。きっと今頃向こうは「あんなダメ子にひっかかってさー」と武勇伝のように語っていることでしょう。男女のダメっぷりはお互い様ってことですかね……。


▼それでも愛してしまった『だめんず』体験談
http://escala.jp/love/hakusyo/060802.html

(エスカーラ編集部・T)



■関連リンク
【働く女子の実態】合コンで起きた珍事件
【働く女子の実態】マメ男がいいって本気で思ってる?
【ともえ先生の恋愛心理学講座】釣った魚に餌はやらない?

お役立ち情報[PR]

おすすめコンテンツ