お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 恋愛全般

【働く女子の実態】エッチの後の膀胱炎。彼氏に報告する・しない?

「おしっこを我慢すると膀胱炎になる」とよく言われているけど、もっと膀胱炎になりやすい状況といえば、エッチの後。「シャワーを浴びずにエッチしちゃいます」なんて女子は要注意です。翌日、「お腹が痛い」「おしっこが出にくい」という症状がきたらアウト。おまけに熱が出るケースもあるのでツライ。仕事どころではナイ。

その場合はすぐに泌尿器科へ行くしかありません。私は過去2度の膀胱炎経験がありますが、初めての泌尿器科はイヤなもんです。問診では思い当たることを聞かれ、「性行為の後は必ずおしっこをして下さい」と注意を受ける。以来、その教訓を胸に刻んできましたが、一度罹るとクセになる性質の悪さが憎い!
そんな時、オトコの反応も頼りない感じです。「痛そ〜大丈夫?」なんて言ってくれると嬉しいけれど、聞いてないフリをされるとサビシイ。男性は体の構造上、膀胱炎に罹りにくいので、生理痛と同じくらい痛みが分からないものなのかも。もしかすると膀胱炎になった事実は、言わない方が思いやり? とも考えてしまう。

もちろん、彼に報告したからといって、痛みが治まるわけではありません。しかし1人でリスクを抱えているのもなんか腑に落ちない。
やっぱり私だったら言うでしょう。「膀胱炎になったからしばらくお預けね♪」と、こんな風に結論を示してしまうのがベストだと思います。
さて、アナタならどうしますか?

(砂原真而子/studio-woofoo)

■関連リンク
【働く女子の実態】惰性なんてツマラナイ。今どきのラブホ
【働く女子の実態】受け身の男性とウォシュレットの関係
【恋愛白書】「みんなのH事情」<後編>

お役立ち情報[PR]

おすすめコンテンツ