お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 恋愛全般

本当にモテる女の極意とは?

あなたの生活の中で、「恋愛」が占める割合はどの程度?

たとえば、
アフターファイブは彼と過ごし、休日は彼に手料理を提供し、
コンビニに立ち寄れば女性誌を開いて
「モテる女の秘訣!」なんかを入念にチェック。

……このように、恋愛中心の女子もそうでな女子もいるはず。

ここで注目!
恋愛が100%占める女子にも
そうでない女子にも
役立つ本当にモテる女になるための極意とは?

そのためには敵(?)の意見を聞かないと……。
ということで、
編集部が身の回りの男子諸君に緊急アンケートをとってみました!


【男子が語る 「女子のココに弱い」】

●「ギャップのある女性。実は知性的というパターン」
●「キャラが読めない人。興味をそそる」
●「尊敬できるポイントがある女性」
●「ひたむきなんだけど、どこか守ってあげたいオーラを持つ女性」
●「よく笑ってくれる人」
……etc.

以上のデータから分析してみると、
いい意味での“二面性”を好む傾向
がありそうです。
一筋縄では行かない女子に、興味が注がれるのかもしれませんね。
ゆえに、「恋愛」という1つのカテゴリに執念を燃やすよりは、
いろんな顔を持っている方が、男子の“ツボ”にハマるのではないでしょうか?
特に、恋愛100%女子に陥りがちなのが、
恋愛に夢中になりすぎて、うっかりしてしまうのが自分磨き。
あなただけの時間を作ってオンナを上げることも大切です。
また、男子を夢中にさせるなら、逆に恋愛にささげる時間を削るのもコツ。
彼の知らないところで興味のある物事に打ち込む姿は、バイタリティの象徴。
会う回数は減っても、話題の豊富さや磨かれた魅力により、
一層あなたへの想いが増すはず。

バランスの良い食事に「主食・主菜・副菜」とあるように、
恋愛の位置づけも「副菜」ぐらいがちょうど良いのかもしれません。

(砂原真而子/studio woofoo)


■関連リンク
「いまお付き合いしている男性はいますか?」
「付き合うときのきっかけ」
「Happy☆Wedding」


お役立ち情報[PR]

おすすめコンテンツ