お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

おぐねぇーに教わる モテは自分で育てるもの? “オトコ惑わせ顔”のつくり方

男性は“80点”仕上がりの、ちょっとだけ隙のあるメイクにグッとくるのよ 『オトコ惑わせ顔”の秘訣』

  • point1スキンケアはスタートが肝心!クレンジングでツヤ肌に
  • point2わざと手を抜く“薄づき”透明肌
  • point3スタンプづけのふっくらリップと、ほんわりチーク&アイカラー

男の人はね、完璧に美しい女性に対しては怖いと思っちゃうみたい。“80点”仕上げの、ちょっと隙のある顔に安心感を抱くの。
だから、たとえば、ベースメイクはいろいろ塗りたくらず、ごく薄くを心がけて。それから、口紅は口角まで引かずに唇の中心だけにのせるとか。わざと隙をつくるメーキャップが、計算された“モテ顔”の作り方なの。

ナチュラルな仕上がりに憧れるけど子どもっぽいメイクは卒業したい!

アラサー読者代表・久保さん

「ふだんはベース作りを丁寧にやるよう心がけているので、ファンデーションはしっかり塗るほうです。童顔がコンプレックスなので、大人っぽくするために、チークやアイシャドウの塗り方は濃くなりがち。ほどよくナチュラルなメイクに憧れます」

point1スキンケアはスタートが肝心!クレンジングでツヤ肌に

クレンジングは一日のなかで肌に一番ゆっくり触れられる時間ミルクでするするっと自分を労わってマッサージしてね♪

モテ顔を手に入れたいなら、素肌が美しくなくっちゃね! スキンケアの第一章は、何といってもクレンジング。クレンジングで毛穴の汚れを徹底的に浮き上がらせましょ。そういった、化粧水で保湿する以前にどうやって肌をお手入れするかによって、美肌か否かは決まってくるの。肌にトラブルがある人ほど、お化粧は濃くなりがち。反対に、素肌に自信があると“薄づき”が好きになって、メイクの抜き加減のセンスが磨かれていくのよ。

チャントアチャーム モイスト クレンジングミルク

潤いをたっぷり溜め込んだツヤ肌を目指すなら、
ミルククレンジングがおすすめ

チャントアチャーム モイスト クレンジングミルク

意外と知らない!? ツヤ肌仕込みの「メイクの落とし方」

顔全体を持ち上げるようなイメージで、下から上に向かってクレンジングしてね。毛穴は下を向いているから、指の腹で毛穴の汚れをかき出すように、上方向に、かつ外側に向けて指をクルクルと動かして。ゆったりほぐすように行えば、1日頑張った表情筋のマッサージにもなるから、一石二鳥よ。

1. まずは、とろーり2プッシュを手のひらに出してね。

2. おでこ、鼻、頬、あごの5ヶ所にのせて、面積の広い部分からクレンジング。ミルクを肌になじませてマッサージをすると、水分が揮発してオイルに変化するわよ。それは、汚れをキャッチしたサイン! 




3. 小鼻の部分は汚れが一番たまりやすい部分よ。中指を使って外側にかき出すように丁寧に! 

4. まぬるま湯でやさしく洗い流すと、オイルと水分が結びついて再びミルクに変化するの。ミルクの潤いを残したままクレンジング完了!まるで化粧水をつけたように手に吸い付くモチモチの肌感を味わえるわよ♥

使用アイテム
チャントアチャーム モイスト クレンジングミルク
触れてみたいしっとりぷくぷく肌を手に入れよう。ツヤ肌仕込み、試してみない?

point2わざと手を抜く“薄づき”透明肌

わざと手を抜く“薄づき”透明肌 は、どう作るの?

クレンジングをしたあとは化粧水で肌を整えて、BBクリームだけを塗ります。乳液や美容液の行程は省いてね。なぜなら、いろいろ塗りたくると肌が分厚くなってミルフィーユ状態になるでしょ。そうすると、化粧崩れしやすくなるの。モテ顔のナチュラルメイクを目指すなら、わざと手を抜いて、薄く薄く! が鉄則よ。最後は、肌にクリームが馴染むように、顔全体を手で包み込んで。温めて“ナチュラル肌”ができあがり。

赤みやニキビあとが気になるところにだけ、コンシーラーがわりのスティックファンデをのせて、顔全体にフェイスパウダーをのせればあっという間に“薄づき”透明肌の完成よ!

使用アイテム
ナチュラグラッセ ピュアBBクリーム NB0
ナチュラグラッセ クリームバー ファンデーション NO2
ナチュラグラッセ マシュマロ パウダー

point2スタンプづけのふっくらリップと、ほんわりチーク&アイカラー

ナチュラルメイク=適当メイクではないのコツを踏まえてしっかり罠をしかけましょ!

男性は、完璧じゃない“隙”のあるメイクを好むのだけど、それは“適当”という意味ではないわよ。狙って手を抜くのが、賢いメーキャップ。今回は、今の時代に絶対にハズせない旬のメイク術を教えちゃうわね!

唇が主役”のメイクが27年ぶりに到来!今は、最初に口紅を塗る時代よ

27年ぶりに口紅の時代がきたといわれているぐらい、今の一番注目すべきポイントは唇よ。今までは、メイクをするとき、たいていの人は口紅を最後に塗っていたと思うけど、今は最初に口紅を塗る時代。そうすることで、チークやアイメイクは薄く仕上げたくなって、バランスのいいメイクに仕上がるの。

スタンプづけのふっくらリップ

口紅は口角まで塗らずに
中心部分だけにトントンとね!

濃いめの口紅を塗るのが今季のトレンドよ。唇の中心部分だけに口紅をトントンとのせる、名づけて「スタンプづけ」を心がけてね♪ そのあとは指で優しく叩き込んで。ここで注意してほしいのは、口角まで塗らないこと! 口角にもきっちり口紅を引いたら、迫力が出ちゃうから男子は怖がるわよー! 自然でふっくらとした唇が、かわいくてセクシーなの❤

使用アイテム
ナチュラグラッセ ルージュドロップ PK2

お風呂上がりみたいな、ほんわりチーク

指とブラシを使って
自然なグラデーションに♪

まずは、ニコッと笑ったときの、頬の一番高い場所にチークを入れます。指でクルクルっと円を描くようにまあるく入れて、その周りには、筆でぼかすようにクルッと。指とブラシの両方を使うと、濃い部分と薄いところのグラデーションがキレイに出るのよ。それに、表情筋の上が色づいていると、お風呂上がりの上気したような感じになって色っぽいの。さわりたくなる、ツヤツヤふっくら頬の完成よ。

使用アイテム
ナチュラグラッセ チークカラー パフェ PK

“面”で魅せるアイカラー

グラデーション塗りはもう古い!
さらに、眉にハイライトなんか入れたら
「バックトゥザ昭和」よ!

今までのアイシャドウの塗り方は、目に近い部分に濃いカラーを塗って、眉毛に近づくほどに薄くなっていくパターンが多かったと思うの。でも、そのアイメイクははっきり言って古いわよ。今は、カラーを“面”でのせる時代。まず、目の上には、一番濃い色をのせてね。細いチップの幅と同じ太さ分、自分の目より少し長めにガッツリと。そしたら、そのカラーの上に、今度は縦方向に持ったチップで、中間色を重ねて指でぼかして。目の下部分には明るいカラーをさっと入れるけど、間違っても、眉の下にハイライトとか入れないで。それじゃあ「バックトゥザ昭和」になっちゃうから!

ナチュモテ❤オトコ惑わせ顔で大人かわいく変身!

アイライナーは黒じゃなくて茶色を。眉毛は、ペンシルではなくパウダーでぼかすように描いて、やわらかい印象に❤ ナチュモテメイクの完成です!「“隙”のあるメイクがどうしてモテるかというと、女の人はもともと、精神的に強いでしょ。男性と口喧嘩すれば勝っちゃうし(笑)。そのうえで、顔にまで強さが漂っていると男性は疲れるわよね。メーキャップは誤魔化しが効くものだから、そこで優しさを演出するといいと思うの。それが、男の人に対しての思いやりよね」(おぐねぇーさん)

使用アイテム
ナチュラグラッセ リキッドアイライナー ショコラ BR1
ナチュラグラッセ チークカラー パフェ PK
ナチュラグラッセ マスカラ コルネ BK
ナチュラグラッセ アイブロウ ココア BR2
ナチュラグラッセ ハイライト ソルベ
チャントアチャーム モイスト クレンジングミルク

大人女子が常備したい「ミルククレンジング」
は素肌がキレイになりたい人にピッタリ

肌になじませるとオイル状に変化する「chant a charm」のミルククレンジングは、「素肌がキレイになりたい人にピッタリのクレンジング」と、おぐねぇーさんも大絶賛!

「ミルクでマッサージをすると、オイル状に変化して汚れをしっかり落としてくれる。
でも、ぬるま湯で洗い流すと、オイルと水分が結びついて再びミルク状に戻るの。
たっぷりの美容成分を含んだミルクの潤いが肌にきちんと残るのよ。これは、保湿効果もあって嬉しいクレンジングですよね。洗うときのポイントは、おでこから2センチぐらい上までクレンジングをなじませて、洗い流すといいですよ。髪の生え際にはお化粧品が溜まりやすいから、そこまでしっかりね!」

チャントアチャーム モイスト クレンジングミルク

オーガニックだけどハードメイクまで落とせるミルククレンジング

化学成分をオールカットした 商品を展開する、スキンケアブランド「chant a charm」。
同ブランドの人気商品「モイスト クレンジングミルク」は、オーガニックでありながらハードメイクまで落とせるクレンジングです。顔になじませてミルクがオイル状に変われば、それは汚れをキャッチしたサイン。最後はミルクに戻り、肌にうるおいを残すという優れものです♪

潤い逃さない!ナチュラルモテ肌を手に入れて♪

※不使用成分:石油系界面活性剤・鉱物油・パラベン・合成香料・シリコン

提供:株式会社ネイチャーズウェイ